スポーツ

セ・パ交流戦突入!12球団「内部崩壊バクダン」の着火マンは?(3)パリーグも火種があちこちに

20140529c

 パ・リーグに目を転じると、日本ハムでは大谷翔平(19)が前人未到の二刀流で結果を出しているが、チーム内ではこの起用法に異を唱える向きもある。

「大谷は今シーズン、おおよそ中7日の間隔で先発登板をしていますが、そのせいでローテーションが変則的になるのです。先発陣の中からは『調整が難しくなるので、いいかげん二刀流はやめて、一本にしぼってほしい』と愚痴がこぼれています。フロント内からこうした声に同調する意見も出ていますが、栗山英樹監督(53)がかたくなにこだわって変えない。その一方、言葉ばかり大げさで意図が選手に伝わらない監督に対し『また口だけかよ!』との批判まで上がっています」(球団関係者)

 パ・リーグの盟主として一時代を築いた西武も、浮上のきっかけをつかめないでいるが、選手たちからやる気が見えないようだ。

「開幕直後から栗山巧(30)は、伊原春樹監督(65)の起用法に不満を持っていたようですが、大人気ないことに、途中交代させられた試合の途中に『いてもやることがないから』と帰ってしまったんです。また、十亀剣(26)も、開幕当初は抑えを任されていたのに先発陣のコマ不足から、わずか1カ月で先発に再転向。『しょせん、俺は便利屋なのか』と嘆いていましたね」(スポーツ紙デスク)

 不満分子ばかりでは上昇ムードも望めない。

 昨年、悲願の日本一を達成した楽天も波に乗れず、低空飛行を続けているが、星野仙一監督(67)はルーキー・松井裕樹(18)の育成ばかりに躍起となっている。

「野村克也元監督がマー君を大投手に育て上げたように、“俺が松井を育てた”という域に達したいんです。しかし、松井はまだまだ荒削りで一軍の試合で結果を出せず二軍落ちした。佐藤義則投手コーチ(59)は“3年計画”で独り立ちさせるプランを持っているのですが、星野監督は一刻も早く一軍に呼び戻したい。松井の育成方針を巡り、対立が生じないか周囲は冷や冷やしています」(楽天番記者)

 4度の交流戦優勝を誇るソフトバンクからは、昨年も“懲罰降格”をされている松中信彦(40)が相変わらずのようで‥‥。

「何とか一軍にはいますが、球場で『松ちゃん、元気?』なんて声をかけられると、『体はまだまだすこぶる元気なんですが、チャンスがないんですよ』と公然と不満を口にするから、周囲は冷や汗ものです。しかも現役引退後の就職活動に忙しい。複数の放送局に売り込みをかけたものの、法外な契約金を要求して、ことごとく拒否されていますが(笑)」(球団関係者)

 アレコレ火種のない球団はないようで──。

「オリックスでは金子千尋(30)が契約内容、登板間隔などを巡り球団に大きな不信感を抱いており、すでに今オフのFA移籍で頭がいっぱいの様子です。一方、FAでロッテに移籍した涌井秀章(27)は先発で2勝5敗と精彩を欠いています。実は西武時代の11年に故障した右肘痛の影響で、長いイニングを投げると2~3巡目から肘が下がってしまうんです。だから西武ではクローザーだったのですが、これ以上、伊東勤監督(51)が先発に固執すればチームの和を乱すかも‥‥」(スポーツライター)

 いずれも自チームの足元を見つめ直さなければ、交流戦の結果も危うそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス