芸能

水野真紀に「土下座」で出直す夫・後藤田正純の徳島県知事選出馬

 来春、統一地方選が行われるが、そこに注目の知事選がある。四国の徳島県知事選だ。かつて「お嫁さんにしたい女優ナンバーワン」とも言われた水野真紀の夫、後藤田正純衆院議員が国政から知事に鞍替え出馬すると、もっぱらなのだ。

 徳島の県議会議員が経緯を明かす。

「正純氏といえば大叔父は警察庁長官、内閣官房長官、法務大臣を務めた後藤田正晴氏という政界サラブレッド。04年に結婚し、将来は首相の座も期待されていた。しかし暗雲が漂ったのは11年。正純氏が銀座ホステスとの濃密関係をフライデーされたのです」

 だが、この時は選挙区で妻と土下座回りし、なんとか乗り切った。

「ところが18年、今度は『週刊文春』が、後藤田氏が結婚詐欺で訴えられたことを報じた。当時の報道内容は、後藤田氏が実業家の女性とSNSで知り合い、男女の関係から結婚まで約束する仲となったが、後にトラブルになったというもの。二度の女性スキャンダルに地元では『何が将来の総理だ』『水野真紀がかわいそう』と評判ガタ落ち。何しろ正純氏の得票の半分は、地元を走り回って大人気の水野真紀票と言われますからね」(夕刊紙記者)

 そんなスキャンダル男が、知事選出馬で勝てるのか。地元の市議が言う。

「昨年の総選挙では選挙区で無所属候補に2万票もの大差で敗れた。敗北の背景は、後藤田氏が現職の飯泉嘉門知事の多選を批判したこと。これにより飯泉支持の県連から猛反発を食らい、後藤田氏は比例区でやっと滑り込む有様となった。しかし、いまだに後藤田VS飯泉の争いがくすぶっている」

 そしてこの地元市議は、バッサリと斬り捨てるのだ。

「前回負けた根本的な原因は、その知事との対立よりも二度の不貞騒動で地元民が離反してしまったことの方が大きい。地元で絶大な人気の真紀さんは前回、一度も選挙区に入らなかったし、離婚説も出ていたほど。自民からも、県民からも距離を置かれた正純氏が知事選に出馬しても、当選は無理ですよ」

 一方で、後藤田氏支持の県連関係者は、「逆転」の秘策を明かす。

「知事への多選批判の声は多い。仮に正純さんが本気で出馬するなら、まず真紀さんに心底詫び、夫婦揃って知事選に『ゼロからやりなおします。応援してください』と県民の前に立つこと。そうなったら政界サラブレットの正純さんには誰も勝てない。彼が腹を決められるかどうかです」

 飯泉知事は現在まで、6期目に挑むかどうか、まだ明言していない。自民・三木亨参院議員の出馬も噂されるが、はたしてどんな展開を見せるのか。

(田村建光)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え