社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<眼の奥の痛み>眼圧が急上昇して発症。失明の危険も!?

 眼の奥がズキズキ痛い──。実は危険な病気のサインかもしれない。

 眼の奥が痛む疾患は数多くある。

 まず疑うべきは眼精疲労だ。パソコンやスマートフォンの液晶画面を長時間見続けることで、眼の奥の痛みや、充血、眼がかすむなどの症状を発症する。対処法は、眼を冷やすことだ。

 眼の疲れと言えば、温めることをまず思いつくが、疲れ目が軽い場合は、冷やすほうが効果的だという。

 もし、眼の奥の痛みの他に、頭痛も発症したら片頭痛である可能性が高い。

 吐き気や嘔吐を伴う場合もあるため、市販薬で対処しようとせずに、すぐ眼科を受診したほうがいいだろう。

 最も危険度の高い疾患が「急性緑内障」だ。

 通常の緑内障は自覚症状がないまま進行するケースが多い。しかし、「急性緑内障」は、精神的なショックや疲労、不眠、風邪、喘息などが引き金となり、眼の中の水(房水)の流出路である隅角と呼ばれる部分が狭くなることで眼圧が急上昇して突然発症する。

 眼の奥の痛みや頭痛、吐き気など様々な症状を引き起こす。迅速に処置を行わないと、最悪の場合には失明に至るため、速やかに眼科を受診してほしい。

 その他にも、外傷や逆さまつ毛、眼異物混入、副鼻腔炎や脳卒中(脳血管障害)など、眼の病気以外で別の疾患が原因のケースも多い。特に、頭痛や吐き気など他の症状が現れている際には、医師に相談するのがベストだ。

 受診の際には、いつから目の奥の痛みがあるのか、きっかけとなる出来事はあったのか、他の症状を伴うか、などについて、詳細に伝えることが疾患の早期発見のポイントとなる。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来