社会

大阪キタからオヤジが消えた!常識外れの若者に荒らされる夜の店の憤激

 ミナミと並ぶ大阪の繁華街「キタ」。JR大阪駅や梅田駅を中心としたエリアの総称で、観光客が多いミナミに比べると、地元のサラリーマンや出張客が飲みに来る場所である。

 主な歓楽街は、高級クラブやラウンジが密集する北新地、リーズナブルな飲み屋が集まる東通り商店街。東通り商店街は東京でたとえれば新橋のような、いわゆる「オヤジの街」だったが、ここ最近、オヤジの姿が消えつつある。

 商店街を歩くと目にするのは、ピンクや紫など蛍光色のネオンにハングル文字。焼き鳥屋や大衆居酒屋が身を潜め、今では東京・新大久保にあるような、韓国風居酒屋が乱立している(写真)。

 通りが大きく変わったのは、2年ほど前。緊急事態宣言により、酒類を提供する飲食店が時短営業になった頃だ。

 商店街の居酒屋は軒並み閉店し、流行りの韓国風居酒屋が続々とオープンした。コロナ禍の影響でサラリーマンが飲み歩かなくなる一方で、若者達が梅田に集まるようになった。

 その頃、ミナミはコロナの感染源だと名指しされてしまい、独自の休業要請によって、飲食店は軒並みクローズしていた。

 だが、梅田の飲食店なら営業しているとの噂を呼び、以降、すっかり若者の街と化してしまったのだ。今では「オヤジの街」の面影すら、見当たらない。この状況に頭を抱えるのは、東通り商店街周辺のガールズバーなどだ。店員の女性が不満をブチまける。

「遊び方を知らない若者があまりにも多いですね。うちは普通のバーですが、ダーツ目的で入ってきた4人組大学生のうち、1人しか注文しないことがありました。そのクセ、女の子が喋らないと不機嫌になることも。女の子と喋りたいのであれば、ドリンクの一杯くらいご馳走するのが普通ですよね」

 とあるキャバ店からは、こんな声も。

「ウチは30代から40代のキャストが勤務する、いわゆる熟系の店なのですが、若者客が増えて、マナーがなっていないと感じることがあります。『ババア』と揶揄されるのは別に慣れっこですが、中にはお酒のコールや一気をする若者客も…。常連さんの迷惑にならないか、心配です」

 今までオヤジ客を相手にしていた夜の店の女の子たちは、常識のない若者客の行動に、すっかり困惑しているのだった。

(カワノアユミ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱