芸能

ASKA クスリと性に溺れたミリオン歌手の素顔(1)女性関係も疑惑が噴出

20140605a

 清楚な愛人との“クスリ漬けの性行為”に溺れていた、歌手・ASKAがついに逮捕された。総力取材で、なんとクスリでオンナをズブズブにする手口は今回だけではなかったことが明らかになった。「はじまりはいつもシャブ」──。一時代を築いたミリオン歌手が、悪魔のような所業でオンナたちを食い物にしてきた実態に迫る!

 5月17日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いでASKA(56)が警視庁に逮捕された。

 尿検査で覚醒剤や合成麻薬「MDMA」の陽性反応が検出されたあとも、「(合法な)アンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)だと思っていた」などと、当初は容疑を否認していたが、23日になってようやく使用を認め同法違反(使用)で再逮捕される見込みだ。

「警視庁組織犯罪対策5課は、昨年8月から内偵捜査を続け、週末になると東京・南青山にある、一緒に逮捕された栩内(とちない)香澄美容疑者(37)のマンションにほぼ決まってASKAが訪れることを把握。愛人との“クスリ漬けの性行為”に溺れているとニラんでいたんです」(社会部記者)

 2人を逮捕する決め手になったのが、マンションのゴミ箱から発見された2つの証拠品だ。

「ASKAは、4月5日の土曜日に『世界フィギュア2014大阪エキシビション』を観戦し、その翌日に栩内のマンションを訪れています。さらに翌週12日の日曜日も訪問。この2週にわたるASKAの訪問後、栩内が捨てたゴミ袋から捜査員が“精液の付着したティッシュペーパー”と“吸引ストロー”を押収し、覚醒剤の主成分『フェニルメチルアミノプロパン』の所持・使用を確信したんです」(捜査関係者)

 押収物からは、ASKAと栩内容疑者の非合法でただれた肉欲関係が想像される。彼女の正体については後述するが、その前に、なんとASKAの“余罪”が聞こえてきたのである。

「ASKAが覚醒剤にどっぷり染まるようになったのは、2000年頃と見られています」(前出・捜査関係者)

 彼は創作活動の行き詰まりから覚醒剤に溺れるようになったと言われるが、そんな話は詭弁で、今回の栩内容疑者との“クスリ漬けの性行為”同様に、これまでにもクスリの味をオンナに覚えさせては、ズブズブにハメることを繰り返してきたというのだ。

 10年ほど前に東京・銀座の高級クラブに勤めていた元ホステスが語る。

「銀座で働き始めた直後のことです。お客さんを見つけるためにITベンチャー会社の社長宅などで行われるセレブ合コンによく行っていました。そこで知り合ったのがASKAと同じ福岡県出身のA子です。彼女は当時、別の銀座のクラブで働いていたのですが、合コンでもお店でもとにかくよくモテていた。お金目当てで、私が知るかぎりでも同時に5~6人の男性とつきあっていましたね。そのうちの一人がASKAだったんです」

 元ホステスによるとA子の見た目は色白でもち肌、長身でスレンダーな和風清楚系。そのため、送致される栩内容疑者の顔を見た瞬間に、その容姿からA子のことが頭に浮かんだという。ASKAの好みは変わっていなかったようだ。

「A子とは2人で食事やお茶をしたこともあります。A子はお金のためなら誰とでも寝るような子で美人だったけど、どちらかというと、おとなしめではしゃぐタイプではありませんでした。それが『つきあっている』と聞くようになった頃から異変が見られるようになったんです。セレブ合コンの会場に向かうタクシーの中で、ハイテンションになって運転手に話しかけたかと思うと、急に鼻歌を歌い始めたり、深夜に電話をかけてきて、ろれつが回らず、意味不明の言葉を繰り返してみたり‥‥」(前出・元ホステス)

◆アサヒ芸能5/27発売(6/5号)より

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!
2
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
3
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
4
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?
5
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)