社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<百日咳>5回目のワクチン接種を大人も打つべき?

 長引く咳が止まらない「百日咳」が全国的に流行しているという。

「百日咳」は、呼吸器の感染症で、短い咳が連続し、息をする時に「ヒューヒュー」という音がする咳が特徴だ。百日咳菌という細菌が、飛沫感染や接触感染により気道に感染し、10日前後の潜伏期間を経て発症する。初めの風邪症状から、次第に咳の回数が増え、咳の発作が激しくなる。

 百日咳といえば、幼い子供がかかるイメージが強いが、問題になっているのは成人後の発症だ。重症化するケースは少ないが、軽症のため百日咳と気がつかないまま感染を周囲に広げてしまう危険があるのだ。

 百日咳予防には、日本ではワクチン接種が生後3カ月から行われている。しかし、ワクチンの予防効果は時間の経過とともに弱まっていくことがわかり、ワクチン効果の弱まった成人の患者の数が増加傾向にあるという。

 アメリカのワシントン州では、2012年4月に百日咳の流行が宣言された。感染者の分析から、接種から2年以上経過した百日咳のワクチンの効果は、低下してしまうことが判明している。

 さらに、国立感染症研究所の報告によると、4回目の接種完了から4年が経過した5歳児の抗体保有率は、20%台まで低下してしまう。近年の日本での流行も、ワクチン効果の弱まりが原因なのではないかと懸念されているほどで、日本小児科学会は、就学前の1年間と11歳~12歳での2度の追加接種(任意)を呼びかけている。

 大人もすぐにワクチン接種を行ったほうがいいのか? 世界の主要国では一般に使用されているが、日本国内では未承認のため、輸入ワクチンを任意で接種することになる。

 特に小さな子を持つ家庭では、検討してみてもいいのかもしれない。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論