芸能

藤田ニコル「歯並び炎上ネタ」をあえて持ち出した「覚悟を決めた」言い分

 かつて東幹久と高岡早紀が出演する美白歯磨き「アパガード」のCMが流行ったことがあった。「芸能人は歯が命」というやつである。

 11月4日の「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)では、芸能人らが歯並び談義に興じていた。

 口火を切ったのは、藤田ニコル。「歯並びをいつから気にし始めましたか」と共演者たちに質問を投げかけたのだ。

 藤田自身は19歳の頃、前歯2本が大きく前に出て八重歯も目立っていたため、セラミックで歯並びをきれいにしたと告白。その時点では「名残り」を維持すべく前歯をやや大きめにしておいたが、微笑んだ際に前歯が出てしまうため、のちに再び、短くしたという。

 実はこの放送に先立ち、藤田はセラミック治療をめぐって、ツイッターが炎上していた。エンタメ誌ライターが振り返る。

「今年8月、前歯6本がセラミックであることをツイッターで告白し、10月6日には新たに6本をセラミック矯正したと報告しました。これに歯科医から『ワイヤー、マウスピースで矯正した方がいい』『自分の歯をもっと大切にしないと』などと苦言が続出することになりました」

 ワイヤー矯正は時間をかけて歯を動かし、歯並びを良くするというもの。藤田が施したのは、歯を削ってセラミックを被せる矯正だ。歯を削ると、当然ながら歯の寿命が縮むため、歯科医の間でも見解が分かれるところ。巻き起こったブーイングに、藤田は動揺を見せていたのだが、

「10月15日の自身のラジオ番組で、理由を語っているのです。『確かにひと言足りなかった』として『私は芸能界にいる時間が大事』『ワイヤー矯正とかで何年か経って歯がキレイになっても、その時、仕事がなかったら何も意味がない』との理由から、覚悟を決めてセラミック矯正を選択したのだと。『みんなはマネしないでね』とも付け加えていました。今回、そんな炎上の種になったエピソードをネタにするあたりに、彼女のしたたかさが感じられます。芸能人はまさに、身を削って商売をしているということですね」(芸能関係者)

 あの「芸能人は歯が命」のフレーズにも、重みが感じられるのだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え