芸能

日テレ「スッキリ」女子アナ&キャスター「激震事件簿」15(3)山里亮太がスタッフに大激怒

「スッキリ」で忘れてはいけないのが、文化人を中心としたコメンテーター陣の存在。中でも17年5月1日放送回の高橋真麻(41)の珍発言は際立っていた。

急に画面からいなくなったと思ったら、戻って来るや『ちょっとつわりが』と謎の発言。彼女が結婚したのは18年12月で、この時はもちろん独身です。本当はトイレか何かで、それを隠すための冗談だったんでしょうけど、スタジオは静まり返ってしまった。視聴者からも『全然、笑えない』と批判の声が相次ぎました」(女性誌記者)

 名物リポーターの阿部祐二(64)もハプニングに事欠かないキャラクターだ。前番組「ザ!情報ツウ」では強風と大雨に見舞われた鹿児島での台風中継で、時折しゃがみながら「外に出て歩くのは非常に危険です」と叫びつつ、カットがかかると背筋を伸ばして歩き出した“前科”がある。

「『スッキリ』では20年9月8日放送回で、子供2人を車中に置き去りにし、熱中症で死亡させた事件を現地取材していた。その時に阿部リポーターが、容疑者の母親を擁護する発言を連発。加藤さんは明らかに不快な表情を浮かべていましたが、その後、ネットで大炎上する騒動に発展しました」(女性誌記者)

 不定期ではあるが、ゲストの歌手が新曲を披露するコーナーもハプニングの連続だった。20年2月19日放送回に出演した倖田來未は、歌い出しで声をからして自ら中断。「待って! もう1回いいですか!?」と演奏を止め、ハリセンボンの近藤春菜(39)や水卜アナが「生だからこそ」と、必死にフォローを入れていた。

 さらに“場外乱闘”から降板騒動へ発展した事件も。

「15年3月からサブ司会を務めた上重聡アナ(42)は、スポンサーからの1億7000万円無利息融資が発覚して1年で降板しました。また『天の声』を担当する南海キャンディーズの山里亮太(45)が自身のラジオ番組で『スッキリ』スタッフの態度に苦言を呈し『一生許さない』と宣言して波紋を呼んだ」(芸能記者)

 このように数々の話題を振りまいてきた「スッキリ」だが、残すところあと4カ月ちょっと。テレビ局関係者が次のように嘆く。

「『スッキリ』だけでなく、そのあとの情報番組『バゲット』も同時に打ち切りになる。もうワイドショーの時代は終焉という見方もできますね。今後は『ラヴィット!』のように、何かに特化した番組作りの流れが来るかもしれません」

 番組名とは裏腹に、スッキリしないまま、終わりを迎えるのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」