芸能

「暴力VS性欲」歌舞伎で復活できた香川照之とNG続行中の渡部建「決定的な違い」とは何か

 銀座クラブホステスの肌着を剥ぎ取り、髪の毛をつかんで乱暴狼藉に及んだ「3年前の性加害」が発覚し、ドラマやCMを降板した香川照之が歌舞伎役者・市川中車として12月6日、十三代目市川團十郎白猿襲名披露 八代目市川新之助初舞台「十二月大歌舞伎」の昼の部「鞘當」で舞台復帰した。鑑賞した女性客が言う。

「先月の市川團十郎、新之助の襲名披露でも壇上に上がった香川さんは、ずっと下を向いて神妙な面持ちでした。本格復帰になった今回は、謹慎中に稽古をしていたのか、声もよく出ていましたよ。香川さんの酒乱ぶりは、以前から噂されていました。復帰を批判する人達、團十郎や中車を快く思わない梨園の重鎮のご贔屓筋もいるでしょうが、そういう人たちは最初から襲名披露を見に来ないのでは」

 今回の復帰の舞台裏を、歌舞伎関係者が明かす。

「かつて自身の酒癖の悪さで暴力事件に巻き込まれた團十郎が、香川照之に救いの手を差し伸べました。自身と新之助の将来を思えば、ここで中車に恩を売っておくのは悪いことじゃない。父親のスキャンダルの渦中、健気にも『8月納涼歌舞伎』を続けた香川の長男・市川團子には同情が集まり、チケットも売れた。襲名披露公演のチケットが売れ残っている團十郎と、事件でテレビに出られなくなった中車。襲名公演への中車出演はお互いウインウインなのです。興行主の松竹にしても、チケットが売れ残るよりはマシと思っている」

 香川が早々に復帰できたのに対し、地上波復帰の話が出るたびに潰されるのが「多目的トイレ騒動」で謹慎中の、アンジャッシュ・渡部建だ。香川と渡部の間にある「越えられない壁」は何か。テレビ制作スタッフが語る。

「香川の狂気じみた演技を見慣れている視聴者は、性加害報道も『あれは演技ではなく地だったのか』と一笑に付しました。芸能人の過去の不貞騒動でも、沢村一樹や原田龍二のようにバラエティー番組でいやらしさを売りにしていた俳優は想定内なのか、ダメージが少ない。それに対し、食通を気取り、高級レストランに通っていた渡部が六本木ヒルズの多目的トイレでコトに及んだというのは、あまりにセコすぎる。渡部がMCだった『王様のブランチ』(TBS系)でスキャンダルについて説明した際には、アシスタントの佐藤栞里がショックで泣き出したほどです。今後も女性タレントの所属事務所から共演NGを食らう可能性は高いでしょう」

 さらに決定的なのが、多目的トイレは障害者や乳幼児連れが利用する場所だという点だった。香川の一件は銀座のクラブという閉鎖的な空間で、六本木ヒルズの多目的トイレは不特定多数の来場者が使う施設。

「利用者にしてみれば『これが、あの多目的トイレ…』と生々しく思い出される。多目的トイレしか利用できない障害者、子供連れにとっては許されざる行為で、復帰しようものなら苦情が殺到するのは目に見えています」(前出・テレビ制作スタッフ)

 失ったものは大きすぎたのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感
5
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング