スポーツ

世界の福本豊<プロ野球“足攻爆談!”>「来シーズンの巨人も前途多難や」

 シーズンオフは活躍した選手にとっては、授賞式に引っ張りだこのバラ色のオフとなる。両リーグのMVPのオリックスの山本由伸や、ヤクルトの村上宗隆は受賞ラッシュで大忙しの日々を過ごしている。村上なんて「村神様」で流行語大賞まで受賞した。僕も現役時代はゴールデン・グラブ賞やベストナインの表彰式に出るのを目標にやっていた。ゴールデン・グラブ賞は72年から12年連続でもらったけど、ベストナインはその間、75年と83年は選出されなかった。その年のオフはほんまに悔しかった。

 チームのレギュラーを張っている以上、ベストナインに選ばれて当然となるような選手を目指さないといけない。両リーグの優勝チームのオリックス、ヤクルトはそれぞれ3人ずつが受賞した。僕も優勝した時のベストナインは格別の喜びがあった。巨人の坂本なんかは5年連続の受賞を逃し、チームがBクラスになった責任も感じていることと思う。僕ら世代の人間からすると、巨人からベストナインが一人も出ないなんて寂しすぎるよ。

 阪急時代は強い巨人を日本シリーズで倒すために、きつい練習に耐えてきた。ONというスーパースターを抱えた巨人は、名実ともに球界の盟主やった。今は地上波での巨人戦中継がほとんどない時代になって、昔のような絶大な人気はなくなっている。人気だけでなく、今年のチームはAクラス入りする実力もなかった。もし、来年もBクラスに終わると、巨人の歴史上2度目の2年連続Bクラスになるという。考えてみると、それもすごい球団史と言えるデータで、腐っても巨人。毎年、優勝争いをすることが当たり前のチームやったということやから。

 でも、巨人にとって初の暗黒時代を迎える可能性がある。ポスト坂本をはじめ、来年のレギュラーを狙える新しい選手が出てこない。3軍制にしているのに、評判が聞こえてくるのが、来季が高卒3年目の秋広ぐらい。その秋広にしても、ホップ、ステップ、ジャンプでいうと、まだホップもできていない段階。今年も1軍では1打席にしか立っていない。試合に出してもらっているうちに1軍の投手に慣れてくるものやけど、まだその段階にも来ていないということや。

 そういう意味で、期待を大きく裏切ったのが松原と言える。昨年は135試合に出場して、規定打席到達の2割7分4厘。小さな体で12本塁打を放った。ところが、今年はわずか50試合の出場で打率1割1分3厘、0本塁打の情けない数字。ウォーカー、ポランコの外国人とのレギュラー争いどころではなかった。背番号は育成時代の「009」から「59」「31」と来て、今季は「9」に。だが、また来季から「59」に戻ることになってしまって。

 一桁の背番号は球団の顔。また一からやり直しということや。このままやと重信と同じように1軍半の選手で終わってしまう。重信も入団してきた時は間違いなくレギュラーになれると思っていた。引っ張って強い打球も打てたのに、結果を欲しがり、当てにいくような打撃になってしまった。来季8年目ともなるとブレイクするイメージは湧かない。旬の時期を過ぎたら、なかなかレギュラー定着のチャンスは巡ってこないもの。巨人の今のメンバーなら、ドラフト1位の浅野を1年目から1軍で‥‥となってもおかしくない。

福本豊(ふくもと・ゆたか):1968年に阪急に入団し、通算2543安打、1065盗塁。引退後はオリックスと阪神で打撃コーチ、2軍監督などを歴任。2002年、野球殿堂入り。現在はサンテレビ、ABCラジオ、スポーツ報知で解説。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」