スポーツ

オコエ瑠偉「巨人移籍」で使用する「ユニークすぎるグローブ」指の入れ方

 現役ドラフトで巨人移籍が決まったオコエ瑠偉外野手の入団会見が開かれた(12月14日)。

 オコエは「まずは地元でプレーできるのがすごく嬉しく思います」と再スタートへの意気込みを語っていたが、その言葉には深い意味があった。

「楽天時代、オコエは休日になると東京に帰っていたんです」(スポーツ紙デスク)

 東北新幹線はやぶさなら、楽天イーグルスの地元・仙台─東京間は1時間半。日帰りも難しくない距離である。オコエ自身が語っていたことだが、2年ほど前に家族が大病を患ったため、頻繁に帰京していた。また、学生時代の友人をずっと大切にしているため、東京に帰りたいとの思いが強かったそうだ。

 オコエの関東一高時代を知る、アマチュア野球担当記者が言う。

「プロ入り後の目標を聞いたら、『走塁は鈴木尚広、打撃は中田翔と山田哲人』と話していました。鈴木コーチも巨人に復帰しましたし、今回の巨人移籍に張り切っていると思います」

 課題は打撃と言われているが、売りの守備ではユニークな情報も聞かれた。グローブの使い方が異色なのだ。

 通常、グローブの指は5本別々に入れるが、オコエは打球の勢いを止めるため、人差し指を入れる部分を使わない。人差し指は中指のところに入れ、中指は薬指のところに入れる。そして、小指用の穴に薬指と小指の2本を入れるのだ。

 人差し指を入れる部分を使わないと、親指と人指し指の間にある「ウェッブ」と呼ばれる網の幅に「使っていない人差し指部分」が加わり、グローブをより深く使えるのだ。

「さらに、オコエのグローブは人指し指を入れる『中指の背面部』に指を出す穴が空いています。もちろん、このグローブは特注です」(楽天球団関係者)

 なんとも独創的なグローブだが、人差し指をその穴から出すことによってさらにウェッブが広くなり、ポケットが深くなるというわけだ。

「小指部分に薬指と小指を2本入れるグローブの使い方が一時期、メジャーでも流行しました。日本でも外野手や速い打球を捕球する三塁手が試しにやっていました。好みによると思いますが、賛否両論ありますね」(スポーツメーカースタッフ)

 オコエが東京ドームで守備のスーパープレーを見せたら、ウェッブを広く使うグローブの使い方が、野球少年たちの間で流行しそうだ。異色のグローブが「オコエモデル」として発売されるかもしれない。

(飯山満/スポーツライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権