スポーツ

巨人・岡本和真「二ゴロで1点入るなら二ゴロ打つ」に掛布雅之と高橋由伸が大喝!

「彼が『王さんだとか長嶋さんだとか松井選手とも違う、勝つための4番バッターでいいんだ』というようなコメントをしてましたけど、これはすごいなと思ったんだよね。セカンドゴロで1点入るならばセカンドゴロを打ちに行くとかですね」

 感心するようにこう語ったのは、元阪神で野球解説者の掛布雅之氏だ。巨人の前監督・高橋由伸氏と出演したスポーツ報知のYouTubeチャンネル〈報知プロ野球チャンネル〉でのことだった。

 掛布氏が「すごい」と評したのは巨人・岡本和真について。だが、一方で苦笑いしながらこうも語っていた。

「でも、巨人の打線でバントをする、っていう作戦が正しいのかね」

 これに対し、岡本をブレイクさせた生みの親ともいえる高橋氏は、今の巨人打線を酷評した。

「バントはあれだけど、外野フライぐらいは打ってほしいなと思うメンバーだね。ここは最低でもこれをやってほしいっていうメンバーではあったと思うので」

 スポーツ紙記者も巨人打線と岡本の発言についてこう語る。

「22年シーズンで5年振りにBクラスに陥落した巨人の、73犠打、15犠飛というチーム記録は、ともに12球団ワーストでした。岡本の『自分が犠打を打っても点を取りたい』という内容のコメントにしても、20、21年と連続で本塁打王と打点王の二冠を獲得した主砲の口から出た言葉ですからね。いかに勝てない1年だったかがわかります」

 もっとも、過去の巨人の犠飛を見ると、19年は「84」でリーグ4位タイで、20年も「59」で4位だが、両シーズンともに優勝しているのである。

 掛布、高橋両氏は、岡本について次のようにも語っていた。

「もうちょっと今年は、ホームランで決めてやるんだぐらいの4番バッターを演じて欲しいですね」(掛布氏)

「凄みというのが欲しいですよ、4番バッターには」(高橋氏)

 なにより、「巨人の4番がそれを言うか」という両氏の複雑な思いは、巨人ファンにも十分に伝わったのではないか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった