スポーツ

ヤクルト・村上宗隆と王貞治「三冠王のデッドボール論」とは

「もし村上君がオレらの頃にやってたら、結構デッドボールもらってるよね」

 槙原寛己氏がこう言えば、下柳剛氏も、

「村上君、結構危ないところに(ボール)放られると(投手を)睨んだりとかするでしょ。えらいことだよ、当時なら…」

 これは史上最年少三冠王のヤクルト・村上宗隆に向けられた、野球解説者2人の論評である。槙原氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉で語られたものだが、つまりは「俺たちの時代にプレーしていたら、村神様も無事ではすまぬ…」ということなのだ。

 村上がレギュラーをつかんだ19年からの死球数は5個、3個、6個、7個と推移。では、村上が56本塁打と記録を更新するまで、王貞治の死球数はどうだったのかというと、初の本塁打王を獲った62年が12個で最も多く、55本塁打の64年は3個。王が2ケタの死球を受けたのは62年と68年の2回しかない。よけ方の技術も卓越したものがあったのだろう。

「NPBの通算死球数1位は、196個の清原和博で、当時のコーチが清原によけ方を教えるのを忘れたと回顧しています。ちなみにシーズン最多死球は、オリックス時代の07年に28個を記録したグレッグ・ラロッカ。広島時代の04年にはキャリアハイとなる40本塁打、101打点をマークしましたが、23死球を受けた。ヤクルト時代の06年にも20個の死球を記録しています。日本で7年間プレーしたうち、リーグ最多死球は3度。これはボールに向かって打ちにいく打撃スタイルを表しています」(スポーツ紙デスク)

 故意の死球はNGだが、腰を引かせようとインコースに投じるのは戦術のひとつ。あの時代に村上がプレーしていたなら、はたして解説者2人の言う通りになっていたか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」