社会

泥まみれの服を一瞬で真っ白にする「ウタマロ」再ブームの舞台裏

「外でスポーツをする子供、特に野球少年を抱える家庭では、必須の石鹸。どんなに泥んこになって帰宅しても、これで手洗いすればユニフォームが真っ白になると言われています。『野球部に入部の際に用意するもの』に書かれているほどです」

 こう指摘するモノ雑誌ライターが示したのは、発売から60年以上が過ぎて再ブームになっている「ウタマロ」なる石鹸である。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)で紹介されたことがきっかけだという。

 洗濯機と液体洗剤の普及により、「ウタマロ」は一時、廃番の危機に陥っていた。先のモノ雑誌ライターは、

「高性能な液体洗剤やオキシクリーンといった酵素系漂白剤が市場に出回り、手洗いで辛い思いをする石鹸より、簡単に洗濯機に入れて真っ白になる洗剤へと、人気は移っていきました。それでも頑固な汚れを落とす『部分洗い』は手でゴシゴシこするのが一番だ、という口コミがあった。そんな声を拾い上げて地道にプロモーションを展開したのが『ウタマロ』でした。スティック状にしたり、小さくカットするなど、独自の使い方も『裏技』としてSNSで拡散。根強いファンがついています」

 このウタマロ石鹸は、年間1200万個を売り上げているという。草野球が趣味の夫と、クラブチームで野球にいそしむ息子を抱える女性は、

「真冬に泥だらけのユニフォームを手洗いするのは辛いですが、結局はつけるだけの洗剤だと落ちないんですよ。今はシュッシュッと吹きかけるクリーナータイプもあるし、ウタマロって名前もレトロで可愛い。環境にも優しいというので、重宝しています」

 時代は巡って「やっぱり石鹸」なのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」