政治

ボクちゃん目立つでしょ!河野太郎「閣議で岸田より先にノーマスク」パフォーマンス癖に冷笑の嵐

 総理官邸で開かれた閣議に「ノーマスク」で登場した河野太郎デジタル大臣のパフォーマンスが、冷笑の的になっている。

 1月20日午前の閣議でノーマスクだったのは、河野氏ただひとり。その後の記者会見で理由を問われると、

「ごめん、記憶が全くない。マスクしていなかったかしら。忘れていたんだと思う」

 と説明したが、記者の間からは「記憶が全くないはずはない」「お得意のオトボケ釈明だろう」「パフォーマンス癖がまた出た」などの冷ややかな声が上がった。

 河野氏が所属する麻生派の有力幹部も、冷笑交じりにバッサリと切り捨てる。

「実は件の閣議の直後、岸田(文雄)総理が屋内でのマスク着用の基準緩和を表明する予定だった。当然、そのことは河野氏も知っていた。要するに、ノーマスクでの閣議出席は総理表明を先取り、横取りするためのパフォーマンス。さしずめ『ボクちゃん、目立つでしょ』とでも言いたかったのだろう。まさに幼児性まる出しだ」

 河野氏は昨年8月にも、真ん中を透明にした特製のマスクを着用して耳目を集めた。本人は「聴覚障害の方々との意見交換会の時に、口元が見えるようにするため」などと説明していたが、早速、ホリエモンこと堀江貴文氏から「気持ちの悪いマスクをするくらいなら、ノーマスクでやれや」と一刀両断されている。

「河野氏には『重要閣僚に起用してくれれば、もっと実力を示せるのに』とのフラストレーションがあるようだ。その結果、与えられたポストで地道に努力を重ねていくという我慢ができず、チャンスを見つけては周囲の注目を浴びるパフォーマンスに走る。この幼児性を克服しない限り、総理の座など巡ってこないだろう」(前出・麻生派有力幹部)

 かつては「政策新人類」と揶揄された変人。その悪しき新人類ぶりは「死ぬまで治らない」ということか。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」