スポーツ

世界の福本豊<プロ野球“足攻爆談!”>「なぜバースだけ殿堂入りやねん!」

 バースとラミレスの野球殿堂入りが1月13日に発表された。外国人選手としては初の栄誉。エキスパート表彰のバースは阪神で2年連続3冠王に輝き、プレーヤー表彰のラミレスはDeNAや巨人で長く働き、外国人選手初の通算2000安打を達成した。両者ともに素晴らしい実績を残している。でも、殿堂入りメンバーの一人として「誰か忘れてないか? ブーマーがなんで入れへんねん」と、声を大にして言いたい。

 野球殿堂には現役引退5年後から対象となるプレーヤー表彰と、エキスパート表彰がある。僕ら殿堂入りした者はエキスパートの投票権を持っている。候補者の中から5人まで連記で投票できるシステムで、僕は長池徳士さんや、ブーマー、加藤英司らに毎年投票してきた。在籍わずか6年のバースが選ばれたなら、ブーマーも選ばれないとおかしい。プレーヤー表彰の時は惜しくも届かずに有効期限が過ぎた。救済措置の形となったエキスパート表彰でも得票数があまり伸びていない。「外国人はもういいやろ」とならず、「次はブーマーやろ」という風向きを期待したい。

 僕が阪急で一緒にプレーしたブーマーのことを知らない世代の人もいると思うので、簡単に紹介しておく。ブーマーは1983年に阪急に入団。身長2メートル、体重100キロの大男で、パワーだけでなく、柔らかさも兼ね備えた右打ちの一塁手やった。1年目から規定打席に到達して打率3割4厘、17本塁打の成績を残したけど、研究熱心な選手として、真価を発揮したのは2年目から。苦手の内角も打てるようになり、打率3割5分5厘、37本塁打、130打点で、バースより1年早く外国人選手としては初の3冠王に輝いた。

 MVPになった84年の優勝は、ほんまにブーマーのおかげやった。日本語の勉強も熱心で日常会話は苦労しなかった。異国の地に溶け込む姿勢が成功した理由やろうね。かわいそうやったのは、同じリーグに落合博満というライバルがいたこと。落合は85、86年と2年連続の3冠王。ブーマーは86年に3割5分、42本塁打の好成績で無冠なんやから、相手が悪かったとしか言いようがない。落合が87年にセ・リーグに行くと、ブーマーは打点王3回と首位打者1回を獲得した。これだけの実績を残して殿堂入りできないなら、外国人差別と言われてもおかしくないと思う。

 マスコミの報道ももう少し何とかならんかな。発表当日に騒ぐだけで、事前の盛り上がりに欠ける。投票が始まる頃に「この人が選ばれそう」や「この人が入らないのはおかしい」という議論が活発になればいいんやけど。そういう議論の中でブーマーの再評価につながってほしい。もっと評価されるべきなのは加藤英司もそう。ブーマーより早く3冠王になっていてもおかしくなかったほどの打者やった。首位打者と打点の2冠を獲った79年は、キング争いで近鉄のマニエルに僅差で敗れたが、阪急の投手陣がしっかり抑えていればと、今でも思う。

 今回はバース、ラミレスとともに、特別表彰で作曲家の古関裕而氏も殿堂入りを果たした。「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」「闘魂こめて」を作曲。球界への貢献は文句なしやけど、惜しむらくは亡くなっていること。殿堂入りにふさわしい人たちは、元気なうちに表彰してあげてほしい。

福本豊(ふくもと・ゆたか):1968年に阪急に入団し、通算2543安打、1065盗塁。引退後はオリックスと阪神で打撃コーチ、2軍監督などを歴任。2002年、野球殿堂入り。現在はサンテレビ、ABCラジオ、スポーツ報知で解説。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し