社会

コロナ第8波「死亡者急増」の闇カラクリを暴く!(2)「医師会」ではなく死ぬ死ぬ詐欺師会

 それではなぜ、医療も救急搬送もひっぱくしているのか。都内の保健所に勤務する職員が内情を明かす。

「今、感染爆発が起きているのは老人介護施設です。集団感染を疑って無症状の入居者や、もとから誤嚥性肺炎や認知症で寝たきりの入居者にまで全員検査するから次々と陽性になる。コロナと判明すると家族から『院内感染で殺す気か、病院に入院させろ』と施設が突き上げをくらう。家族の心情は院内感染の犠牲者、被害者モードに入っているから手がつけられない」

 人工呼吸器をつけろ、ECMO(人工肺)をつけろなど、フルコースの治療を希望する家族も多いという。

「施設は自分たちが訴えられないように、入院させてほしい、助けてほしいと保健所に泣きつき、入院できないとなると、コロナ陽性であることを隠して救急車を呼ぶんです。治る見込みのない寝たきり老人に人工呼吸器をつけようものなら、心臓が動かなくなるまで病院のベッドを占拠。都内の病院は回らなくなりパンクします。毎日発表される『重症患者』『死亡者』の実態はこうした寝たきり老人です。一部の老人が病院を占拠し、不慮の事故での負傷者や妊婦らが入院したくてもできない状況です」

 寝たきり老人への延命治療もコロナ治療となり全額公費負担となる。その治療費は集中治療室に入るだけで1人あたり日額10万円、ECMOを装着すれば1日30万円で計40万円。1カ月で1200万円を超える。その医療費を税金や健康保険料として払っているのは、入院したくても入院できない現役世代である。

 今では滅多に重症化することはないウイルスに変異し“タダの風邪以下”になった新型コロナだが、その利権は、よほど旨味があるのだろうか。日本医師会の松本吉郎会長は1月19日、岸田総理に新型コロナの扱いを2類相当から5類に引き下げたあとも公費負担継続を申し入れた。こうなると、もはや医師会ではなく“死ぬ死ぬ詐欺師会”だ。

 この冬、コロナ病棟を辞めた派遣看護師が言う。

「マスクに防護服という格好で看護をしますが、酸欠状態になり、正直、30分も着ていられない。真冬でも汗だくになりながら看護をするのが精神的に苦しいんです。患者さんも全身に管を入れられて痛いし、つらいし、苦しい。だから看護師を蹴ったり、つねる、ひっかいたりする。救いのない延命治療のために1日数十万円の大金が湯水のように使われ、患者さんがようやく苦しみから解放されても、遺族はお礼どころか、『オマエの親が苦しんで死ね』『呪ってやる』と吐き捨てて帰っていきます」

 とはいえ、症状の重さはウイルスの「毒性」だけではなく、患者の吸い込んだウイルス量や患者の体力によっても違うので、マスクをせずに騒いでいたパリピ(人が多く集まる場所に行き、大勢で盛り上がることを好む人)が重症化するケースはある。新型コロナとインフルエンザに同時感染し、重度の呼吸困難を起こした若者もいたというが、

「生活保護の支給日、新宿歌舞伎町に繰り出してキャバクラで誕生日パーティーを行ったパリピでした。みんなマスクもせずに大騒ぎしていたので、クラスターを起こしたんです。コロナとインフルの同時感染なんて抵抗力のない子供でもないかぎり、感染対策をしていないこうしたうかつな人たちが多いんです。こんな現状を前に、自分の身を粉にしてまでコロナ病棟で働く価値とやりがいを見いだせませんでした」(派遣看護師)

 このような調子だから、ベッドはあってもコロナ医療を志願する看護師が集まらない。東京都や大阪府が毎日発表する「ベッド稼働率50%超え」が事実上の満床を意味するのは、医療業界の公然の秘密だ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変