スポーツ

デーブ大久保「来年は俺が監督だから」発言でチームから総スカン

20140724n

「デーブ」こと楽天・大久保博元監督代行(47)がドヤ顔で「非常に手応えを感じている」とご満悦である。だがチーム内からは、唯我独尊とも言える強気一辺倒の姿勢に大ブーイングが飛んでいるという。

 とある楽天のチーム関係者が口を開く。

「あんなひどい男は、これまで見たことがありません。自分の出世のためならば平気で人を売り、蹴落とす。チームのことなんて、これっぽっちも考えちゃいませんよ」

 驚くほど過激なもの言いになるのにも理由があるという。実は二軍監督から現職就任が決まった7月2日から数日後、デーブが数人のチームスタッフを前にして、耳を疑うような“問題発言”を堂々と口にしていたというのである。

「あのさ、来年のここ(楽天)の監督はもう俺で決まりだから」

 こんな言葉を聞いたスタッフたちは半ばあきれ顔になりながら、主力選手やチーム関係者へコッソリと耳打ち。これがあっという間に広がったことで、チーム内から失笑が漏れているというのだ。

 楽天の正式な指揮官は闘将・星野仙一監督(67)だ。腰部の手術を受けて休養中の闘将は7月18、19日の球宴で全パの監督として現場復帰する予定だったが、回復具合がすぐれず辞退。復帰が大幅に遅れる可能性もあるという。そればかりか、契約を残しながら退任するケースも想定されており、仮にそうなれば現在、一軍で代役指揮官を務めているデーブが来季の監督に昇格することも考えられなくはない。が、はやばやと星野監督の退任を決定事項のように語る口ぶりに、チーム内からの拒否反応はすさまじかった。

「代行就任が決まる前から、一部主力選手は『まさか来ないよな』と嫌悪感を示していました。実際に指揮を執り始めると、日替わりの“猫の目オーダー”への不満が噴出している。5回2アウトから松井裕樹(18)を登板させてプロ初勝利を与えた試合後にも、『新聞の紙面を意識したやり方で、裕樹がかわいそうだよ』との声が主力選手から漏れていた。リーダー格の松井稼頭央(38)や嶋基宏(29)も監督代行としっくりいっていないようです」(楽天番記者)

 数多くの球団関係者やスタッフ、主力選手たちから総スカン。それでもデーブが増長し続けるのは──。そもそも監督不在となった5月25日以降は佐藤義則監督代行(59)が指揮を執ってきた。こんな短期間で“代行の代行”という奇妙な人事が強行されたカラクリについて、前出のチーム関係者はこう打ち明けた。

「デーブが監督代行という今のポジションを手に入れたのは、三木谷浩史オーナー(49)の強力な後ろ盾があったからに他ならない。楽天入りした2年前の一軍打撃コーチ時代からオーナーにすり寄り始め、今ではすっかりズブズブの関係になりました。デーブは楽天の幹部クラスしか出席できないような食事会にも、オーナーの許可で毎回必ず参加できるらしいですからね」

 一説には、

「三木谷オーナーの息子さんが、デーブが代表を務める野球教室で面倒を見てもらっている関係が大きいとも言われています」(スポーツライター)

 との声もあるが、オーナーの一存であれば、強行人事に誰も逆らうことなどできない。

 対照的に、大久保監督代行自身が「オヤジ」と呼んで慕ってきたはずの星野監督からは疑念の目を向けられているともいう。

「一軍でチーフコーチを務めている仁村(徹)さんが星野監督から『デーブをしっかりと見張って、俺に逐一報告するように。何かやらかしたら、オレがデーブに直接言うから』と監視役を授かったそうです。病床の監督もさすがに増長が心配なんでしょう」(別のチーム関係者)

 昨年の日本一から一転、今年は最下位争い中の楽天。だが、チームの内情がこれでは大逆襲はなさそうな雰囲気だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
2
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
3
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
4
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
5
カンヌも総勃ち!?「万引き家族」松岡茉優の“胸出し”シーンが絶賛の嵐