スポーツ

あぁ恨めしい!「WBCと大谷翔平」異常人気がサッカー森保ジャパンの船出を丸飲みする

 歴史は繰り返すのか。大谷翔平の超人的な打撃でさらにヒートアップする野球界を、サッカー関係者は苦々しい思いで眺めている。

 長年、サッカー日本代表を取材してきたベテランのサッカーライターは、次のように現状を口にする。

「昨年のカタールW杯で、日本代表はドイツ、スペインという強豪国を撃破し、決勝トーナメントに進出した。あれには日本中が沸きましたね。森保一監督やブラボー長友佑都らはテレビに出まくり、久々のサッカーバブル到来でした。ところがJリーグが開幕したというのに、スポーツニュースはWBCの話題ばかりですからね。サッカー協会の田嶋幸三会長以下、関係者はあまりいい気分はしていない」

 日本代表・森保監督の続投が決定。今後はアメリカ、カナダ、メキシコで3カ国共催する2026年W杯に向けてスタートを切る。すでに3月24日にウルグアイと、28日にはコロンビアと「キリンチャレンジカップ」で対戦することになっている。

 だが今回、最強と言われる侍ジャパンが順調に勝ち進めば、マイアミで行われる決勝戦は、日本時間3月22日。世界一を奪回すれば、第2次森保ジャパン船出の話題は、侍フィーバーの真っ只中で埋没することになりかねない。

「前回、決勝トーナメントに進出したロシア大会の時も、盛り上がったのは大会終了直後だけですからね。人気が長く続かない。ネット放送はありましたが、カタールW杯アジア最終予選のオーストラリア戦は、地上波の放送もなかった。サッカー界としては、前回の二の舞いは避けたいところでしょう」(スポーツ紙サッカー担当デスク)

 侍ジャパンが中国と戦うWBC初戦(3月9日・東京ドーム)では、日本代表の森保監督が始球式を務めることが決定している。だが今のところ、さほど大きな話題にはなっていない。

「侍ジャパン初戦の先発は、大谷翔平が有力視されています。現在の盛り上がりぶりなら、試合前の歓声は先発投手に向けられる。森保監督としては、冷静に投げられる雰囲気にはならない気がします。気の毒ですね」(前出・サッカーライター)

 世界規模で比べれば、サッカーは競技人口、ファンの数ともに、野球をはるかにしのいでいる。いくら大谷が参加するWBCとはいえ、サッカー関係者が嫉妬し、危機感を募らせるのは無理もないことだろう。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
2
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは