政治

高市早苗「議員辞職追及劇」の仰天事実…実は本人も岸田総理もニンマリしていた

 立憲民主党が参院予算委員会で連日続けている、放送法の「政治的公平性」に関する総務省行政文書問題。その追及ぶりをメディアは大きく取り上げているが、矢面に立たされている高市早苗経済再生相はもちろんのこと、岸田文雄首相も、実はニンマリとしている。

 参院で追及しているのは、旧郵政省出身の小西洋之氏、文書で指摘されている「サンデーモーニング」を放送するTBS出身の杉尾秀哉氏だ。メディアではTBSや、同じくやり玉に挙がった「報道ステーション」を放送するテレビ朝日と関係の深い毎日新聞と朝日新聞。つまり関係者が多く、追及する側はいきり立っているものの、それ以外の人たちには共感が広がりにくいのだ。

 しかも、小西氏が追及しようとしたのは、安倍官邸が総務省に圧力をかけたという構図であり、高市氏は主たる追及の対象ではなかった。高市氏が自身に絡む文書の内容を否定し、議員辞職まで辞さないファイティングポーズを示したため、立憲民主党側も「そらクビを取ったれ」と高市氏追及に矛先を転じたのである。

 閣僚になったとはいえ、最近は注目されることがなかった高市氏としては、久しぶりに脚光を浴び、答弁に立たされる機会が増えたことで「本人は楽しんでいる」(高市氏周辺)という。3月15日の答弁でも、杉尾氏が「ずるずる答弁が変わっている」と批判すると、高市氏は「私が信用できないのであれば、もう質問しないでほしい」と啖呵を切り、杉尾氏が言いよどむ場面もあった。

 すっかり蚊帳の外の岸田首相だが、本人は満足している。というのも、報道各社の2月の世論調査を見ると、岸田内閣の支持率は日経新聞で43%、読売新聞で41%と、小幅ながらも上昇する傾向が目立ったからだ。マスク解禁など外的要因がその理由とみられるが、昨年、閣僚が不祥事で相次いで辞任した時とは大違い。岸田首相は立民と高市氏の対立を、高みの見物をしている状態だ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】