政治

仏マクロン大統領が習近平とガッチリ手を組んだらアメリカが「裏切り者を失脚させてやる」憤激

 フランスのマクロン大統領が、中国に急接近している。そこで台湾問題や半導体などで中国と対立を深めるアメリカが「マクロン潰し」に打って出る、との不穏情報が飛び交っている。国際情勢アナリストが解説する。

「4月上旬、マクロンが訪中し、習主席と会談しました。60人以上のビジネス代表団を随行させ、エアバス社製の航空機160機、約200億ドル(日本円で2兆6700億円)にのぼる契約など、ビッグビジネスを展開しました。習主席がいかにマクロンを歓待したかが窺えます」

 背景には、台湾問題を巡るマクロン大統領の「アメリカ不支持」の姿勢がある。

「最悪なのは、欧州がアメリカに追随しなければならない、と考えることだ」

 マクロン大統領はこう発言し、「自分たちの危機ではない」と、台湾問題自体がどうでもいいことだと言い放っている。先の国際情勢アナリストは、

「マクロンは今、自国の年金財政悪化で崖っぷちに立たされている。年金支給年齢を62歳から64歳に引きのばす策を押し進めたところ、100万人規模のデモが頻発し、支持率が危険水域の20%台に一気に落ちたのです。マクロンとしては、経済を活性化させることで批判を収束させたい。つまり支持率が回復すれば、アメリカなどどうなってもいいという姿勢で、カネと支援が欲しいとばかりに、中国に擦り寄っているわけです」

 当然ながら、アメリカ政府とバイデン大統領は猛反発。

「バイデンは欧州との連携において、マクロンの動きを完全な裏切りとみなしている。そんな中、CIAを水面下で動かしてデモをさらに拡大させ、マクロン退陣を仕掛けるというキナ臭い話まで伝わってきます」(公安関係者)

 日本の外務省関係者は、こうも明かす。

「アメリカのホワイトハウス関係者は『マクロンは完全に習近平側に落ちた。そのマクロンに来年のパリ五輪などやらせるわけにはいかない』とつぶやいていました」

 そうした怒りをヨソに、マクロン大統領はロシア、ウクライナの和平調停にも中国の力を借りようと、動き始めているという。奔放すぎる自己中心的行動は、報いを受けるのか。

(田村建光)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え