女子アナ

テレビ朝日・安藤萌々アナが「ダメ出し」されたのはヒロド歩美の「玉突き人事」のせい

 テレビ朝日の「報道ステーション」が、なにやらギクシャクしている。

 4月から月曜日から木曜日は大越健介、小木逸平アナ、安藤萌々アナの3人で進行しているが、4月19日の放送では、ちょっとしたアクシデントがあった。

「ChatGPT」の行政導入について特集し、スタジオでは大型モニターを使って、安藤アナが原稿を読みながら解説。ところが「まぁ」「えー」など余計な間が多く、実にテンポが悪い。結局、締めの説明に入ったところで、ベテランの小木アナが早くよこせと言わんばかりに前のめりに。言葉をかぶせ気味にして、進行を奪い取ったのである。視聴者をヒヤヒヤさせる「ダメ出し」場面だ。

 安藤アナは同番組のスポーツ担当から、同期の渡辺瑠海アナに代わってメインの座に就き、1カ月も経っていない。報道の原稿読みはまだ慣れていない、との見方はできるが、

「スポーツ担当の時と打って変わって、引きつるような表情を見せるなど、生き生き感が失われた印象です」

 とテレビ朝日関係者は懸念するのだ。

 メインを外された渡辺アナがリポーターを担当する外回りとなり、一見、「降格」したような感じだが、

「安藤アナは慣れないポジションであることに加え、渡辺アナに気を遣う妙なプレッシャーまで感じているのかもしれません。こうした事態に陥った原因は、朝日放送アナからフリーに転身したヒロド歩美が、スポーツ担当として新加入した『玉突き人事』にある。しばらくはギクシャクした状況が続きそうです」

 視聴者が落ち着いて見られるスタジオの雰囲気作りをお願いしたい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題