芸能

能年玲奈 主演映画宣伝でTV露出増も「放送事故レベル」の暴走続く

20140904e

 あまりのハマリ役だった「あまちゃん」(NHK)から1年。能年玲奈(21)が挑んだのは茶髪の不良少女という大胆イメチェン。ただし、素のトークは天野アキちゃんのまんまでがす?

 8月16日に公開された「ホットロード」(松竹)は、土日の2日間で28万人を動員し、観客動員2位にランクする好発進を見せた。とはいえ、映画の内容には疑問符が付くというのは映画評論家・秋本鉄次氏だ。

「暴走族や不良少女をテーマにした原作なのに、近年に例がないくらいのナマクラ映画。これじゃあ『ホットロード』どころか、ぬるま湯ですよ。能年のセリフも衣装も、不良に憧れてる追っかけ程度で、やはり『朝ドラ女優は伸び悩む』というジンクスが思い浮かびました」

 熱烈な“あまラー”で知られるコラムニスト・ペリー荻野氏は、映画は未見だが「推して知るべし」だという。

「彼女の場合は放し飼いの状態でいいんです。それを芸達者が周りを固めることで『あまちゃん』のように大成功する。今回の映画は同年代の俳優ばかりだから、難しいかなと思います」

 ただし、映画の宣伝のために出まくったバラエティ番組はチェックしているそうだ。

「バラエティだと“転がされる”ということに慣れていないから、視聴者も『あまちゃんのままじゃん』と安心していると思いますよ。だって、急にまともなことを話すほうが戸惑ってしまいますから(笑)」(前出・ペリー氏)

 天然という言葉では収まりきらないほど、能年の「放送事故レベル」の暴走が続いている。例えば8月7日の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)では──。

「人気コーナーの『食わず嫌い王決定戦』に出演しましたが、プライベートでは友達が1人もいなくて、焼き肉店で知り合った『52歳の女性』が唯一の親友だと明かして、とんねるずの2人を仰天させていました」(放送記者)

 さらに石橋貴明が質問しても夢中で牛タンを食べていたり、意味もなくガッツポーズを繰り返したり、異変は続く。

「ふだんは毒舌の2人も、この日は子供をあやす親のようなふるまい。石橋が最後に『難しい子だなあ』とつぶやくのが精いっぱいでした」(前出・放送記者)

 番組関係者によれば、収録後の石橋は「アキちゃんの母親」小泉今日子に電話して、

「あの子はすごいよ。俺、どうしていいかわからなかったもん」

 と“SOS”を発していたという。

 さらに、18日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)では、マツコ・デラックスを凍らせた。

「かわいいねえ。自分と同じ生物のはずなのに、この差はどうして生まれたんだと思う?」

 そして、能年が540度の異次元角度で答えた。

「話の冗舌ですかね」

 これぞ「ホットロード」ならぬ「ボーッと‥‥ロード」と呼ぶべき珍回答。マツコがピシャリと「それ答えになってない」と返すと、今度は放送事故ギリギリの30秒近い沈黙が流れる。

 やはり「あまちゃん」以上の適役は巡ってこないかもしれない──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故