特集

掛布雅之 終盤を迎えたペナントレースの行方は?(2)

Sponsored

 一方の阪神は、その翌日の一戦で、今後に影を落とす1敗を喫しました。チームの中心打者であるマートンが恥ずべき姿を見せてしまったのです。

 1回二死一、二塁。先制のチャンスで迎えた打席は1、2球とも見逃しで2ストライク。3球目。大瀬良の外角高めのストレートを見逃し三振すると、バットを後方へ放り投げました。そして、球審に暴言を吐き退場。1試合の重みが増すこの時期の直接対決で、5番打者が1打席目に消えれば、チームの士気にも関わります。ましてや、自軍の先発は勝ち星が最良の薬となる能見でした。

 マートンは自分の選球眼に自信を持っているのでしょうが、ボールを振ることだってあるのです。しかも、ストライク、ボールの判定は人間がやることで、それがベースボールだとわかっているはずです。なぜ制御不能となったのか、伏線は前日の試合にありました。球審が前田の低めの球をゾーン広めにストライクと取り、いらだちを見せていたのです。翌日まで引きずるのはマートンの悪い癖。試合前に精神面のケアを十分にする必要がありました。

 さらに、周囲の行動しだいでも退場は防げたかもしれません。あの場面、関川打撃コーチが球審との間に入って、気持ちをなだめようとしました。しかし、マートンは完全に切れてしまった状態で、その直後に退場を宣告されたのです。正しくないやり方かもしれませんが、マートンを助けるという面だけを考えると、コーチが審判を胸で突き飛ばすぐらいの勢いで割って入り、マートンを引きずってでも離すべきでした。

 今回がすでに3度目の退場です。優勝争いの佳境で再び愚行を犯すようなことがあると、取り返しがつきません。精神的に不安定な面がある選手ですから、首脳陣が配慮してあげることも必要でしょう。

 大阪のスポーツ紙は日頃からゴメスの活躍を派手に扱い、マートンを脇役的に捉える傾向があります。4番打者と5番打者の違いでしかたがないことですが、マートンからすると周囲の扱いの差に不満を募らせていた可能性もあります。

 しかし、来日1年目のゴメスの活躍も、マートンが後ろで安定した数字を残しているからこそ。首脳陣も言葉や態度で一度はっきり表し、気持ちよくプレーさせることが必要かもしれません。4番・ゴメス、5番・マートンが最後まで機能することが阪神の逆転Vの絶対条件なのですから。

阪神Vのための「後継者」育成哲学を書いた掛布DCの著書「『新・ミスタータイガース』の作り方」(徳間書店・1300円+税)が絶賛発売中。

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!