芸能

大相撲解説者バトルの軍配は…病気療養「北の富士」にとって代わる「舞の海VS稀勢の里VS千代大海」

 あの歯に衣着せぬ辛口解説を聞くことができない──。

 3月場所に引き続き、角界のご意見番こと北の富士勝昭氏が、NHKの大相撲テレビ中継の解説を休んでいる。角界関係者が病状を解説する。

「どうも心臓の具合が芳しくないらしい。NHKは『プライバシーに関することなので、お答えかしねる』と具体的な症状こそ公表していませんが、現在は療養に専念せざるをえない状況。当然ながら、復帰のメドは立っていません。16年末に不整脈の手術をして、翌17年1月場所の出演が見送られて以降、持病の腰痛で中継を欠席することはあれど、新型コロナウイルスを含む大病を患うことはなかったのですが…」

 代わりに正面の解説席に座る機会が増えたのが、舞の海秀平氏だ。現役時代は「技のデパート」「平成の牛若丸」の異名を持つ人気者だったが、解説者としては「顔じゃない」と言わんばかりに、評判がよろしくない。

「『おまえが言うな』という類の批判が溢れ返っています。何かしら講釈を垂れようにも、現役時代の最高位が『小結』なだけに、説得力に欠けてしまうのかもしれません。特に横綱や大関にまつわる批判をするたびに、プチ炎上を繰り返している」(前出・角界関係者)

 そんな中、ファンから待望論が持ち上がっているのが、元横綱・貴乃花光司氏だが、相撲協会との距離感に問題を抱えている。相撲部屋関係者が言う。

「ガチンコ相撲で一時代を築いた人気力士なのは間違いない。しかしながら、現役引退後の親方時代に、協会を引っかき回したイメージが強すぎる。2010年の理事選で二所ノ関一門を割って出馬し、当選した際には『相撲界の革命児』などともてはやされながら、具体的な改革案を自ら示すことはなかった。しかも、横領疑惑があった外部スタッフを担いで、八角理事長(元横綱・北勝海)率いる執行部と対立。そのまま18年に協会を退職し、完全に袂を分かってしまいました。現在の八角体制が続く限り、NHKの大相撲中継に呼ばれることはないでしょう。むしろ『ABEMA』での解説に定評のある、兄の花田虎上氏が呼ばれる可能性はある」

 同様に、相撲協会との相性が良くない人気力士がもう1人。

「タレントになった豊ノ島大樹ですよ。ドラマやバラエティー番組に出演する人気者なのに、協会での評判はサッパリ。引退後に年寄り名跡『井筒』を借りて今年1月まで協会に残っていましたが、別の年寄名跡が融通されることもなかった。とはいえ、テレビ業界の人脈に明るいだけに、大相撲中継以外の仕事は絶えません。結局は、流暢な語り口と耳触りの良い声質が評判の二所ノ関親方(元横綱・稀勢の里)や九重親方(元大関・千代大海)が重用されることになるのでしょう。協会内で調達するのに越したことはありませんからね」(前出・角界関係者)

 大物不在の穴は、すんなりとは埋まりそうもない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】