社会

【暗黒の戦国史】青森・大名の横恋慕をはねつけたら「一族皆殺しのミンチ切り刻み」というとんでもない悲劇

 横恋慕した城主を手ひどく振ったために夫を殺害された上に、一族は皆殺し。自らもミンチのように切り刻まれ、怨霊になった悲劇の美人妻──。それが藤代御前という人物だ。

 藤代御前に言い寄ったのは、戦国時代の陸奥国鷹岡(現・青森県弘前市)の大名、津軽為信だった。女好きの為信はある日、鷹岡近くの藤代村の領主の妻で、近郷随一の美女と評判な藤代御前を見初めた。為信は自らの権力を誇示し、夫(本名不詳)に妻を引き渡すよう命じたという。

 だが主君の理不尽な命令を、断固拒否。ブチ切れた為信は夫を城に呼び出して謀叛人の罪を着せ、殺害してしまったのである。藤代御前は夫の死を悲しむ暇もなく家督を継承したが、謀叛人の遺族ということで、所領は没収。極貧生活を強いられることになった。

 為信はそんな藤代御前をカネと権力で釣ろうとしたが、憎き相手の言葉に首を縦に振るわけがない。一度ならずとも二度までも恥をかかされた為信は、最後には軍勢を引き連れて館を取り囲み、言うことを聞くように最後通告を突きつけたのである。

 それでも首を縦には振らず、館に立てこもっての抗戦を決意したが、多勢に無勢だった。たちまちなぶりものにされた妹や家来たちともども、皆殺しにされてしまったのだ。だが、最後の一人となっても戦い抜いた藤代御前の執念に、為信の兵士たちは恐れおののいた。これでもかというほど彼女の遺骸を切り刻み、あっという間にミンチにしてしまったという。本人確認もできないグロテスクな遺骸を見た為信は、岩木川のほとりに埋葬させた。

 それから歳月が流れた慶長十二年(1607年)、京都に赴任していた為信の嫡男・津軽平太郎信建が病に倒れ、34歳でその生涯の幕を閉じる。この時、京都まで見舞い訪れた為信の前に、笑い狂う女の亡霊が現れたという。もちろん藤代御前だろう。

 ショックを受けた為信は、あとを追うように同年、59歳で死亡。その臨終の際、後継者に指名した三男・平蔵信枚に「亡骸は、岩手川のほとりに埋めてある藤代御前の墓の上に葬れ。私は降魔の鬼となり、(藤代御前)の怨霊を取り押さえる」と遺言したという。信枚は遺言通りに藤代御前の墓に覆いかぶせる形で為信の墓を建立。管理させるために、他所にあった革秀寺を移転させ、今に至っている。

(道嶋慶)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
5
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!