スポーツ

大谷翔平「スイーパー」&千賀滉大「お化けフォーク」攻略法をガチ伝授!(1)130キロ台半ばで真横に移動

 海を渡ったドクターKの奪三振ショーに、全米がスタンディングオベーション。二刀流侍がWBC優勝を決めたウイニングショットで並みいる強打者をへっぴり腰にさせれば、かつての育成の星が目の前からボールを蒸発させる“怪奇現象”を武器に空振りを量産。日本が世界に誇る、両エースの変化球はどうやったら攻略できるのか──。

 フリスビーさながら、大きく平行に横曲がりするスライダー。やがて特別の意味を込めて「スイーパー」と呼ばれるようになり、メジャーリーグに一大ムーブメントを巻き起こしている。

 そんな魔球を代名詞に快刀乱麻の投球を続けるのがエンゼルスの大谷翔平(28)だ。大リーグ評論家の友成那智氏が解説する。

「WBCの決勝で、同僚のトラウト(31)から空振り三振を奪った変化球です。昨シーズンの中頃から多投していて、今季の投球割合は全体の5割前後を占めている。これはフォーシームの26%を大きく上回る数字です。中でも右打者に有効で、逆方向に曲がるツーシームとのコンビネーションは効果抜群。追い込むたびにアウトコースからボールゾーンに曲がる変化で空振りを誘います。今季の奪三振数が96でア・リーグ2位にランクイン(6月9日現在、以下同)しているのもうなずけますね」

 今季からMLBが公式認定した新球種。特筆すべきはその変化量とスピードだろう。元エンゼルス日本担当スカウトの角盈男氏が後を引き取る。

「ヤクルトの伊藤智仁コーチが現役時代に投げていた高速スライダーと重なります。130キロ台半ばから後半の球速帯で真横に大きく曲がる点が類似していますよね。大谷の投げる横変化は40~50センチの範囲ですが、本来なら、ここまでの変化量になると球速帯は110~120キロ台まで減速するもの。それなのに130キロ台半ばの球速帯で曲げてしまうから恐ろしいんですよ。右打者の想定よりも大きく曲がるだけに、バットの上っ面をかすらせたフライボールも自然と増えることになります」

 もちろん、対左打者にも有効活用されており、

「外角のボールゾーンからストライクゾーンギリギリまで曲げる『バックドア』が効果的です。左打者の意表を突いてストライクカウントを稼ぐのみならず、インコースのヒザ元に曲げるカーブ系のスライダーを投げる前の布石にもなります。アウトコースに意識を向けられているせいでわずかながら反応が遅れてしまう。バットに当てても自打球になるケースが多い」(友成氏)

 魔球の効果は数字にもはっきりと表れている。今季の大谷は先発ローテーションの柱として5勝2敗。奪三振率もさることながら被打率はア・リーグトップの1割7分5厘を記録。果たして、一流のメジャーリーガーをきりきり舞いにさせる“変化球投手”を攻略する術はあるのだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」