スポーツ

石川慎吾はロッテで大化けする!「飼い殺し状態」にした巨人・原監督の罪

 7月3日、巨人・石川慎吾外野手とロッテ・小沼健太投手の交換トレードが成立した。

 12年目の石川は今季1軍出場はないものの、イースタン・リーグでは打率3割5分8厘、4本塁打、26打点と存在感をアピール。一方の小沼は2020年育成ドラフト2位でプロ入りし、昨季は中継ぎとして21試合に登板。今季4試合に登板し防御率9.00だが、2軍ではクローザーを務めることもあった。

 両者とも現状では出場機会に恵まれず、ウィンウィンのトレードと言われているが、特に石川に関しては「大化け」の可能性を指摘する声が多い。

 石川は12年ドラフト3位で日本ハムに入団。右の強打者として将来を嘱望されたが1軍に定着できず、16年オフに大田泰示外野手、公文克彦投手との交換トレードにより、吉川光夫投手と共に巨人へ移籍した経緯があるが、プロ野球OBが語る。

「巨人の外野は丸佳浩やオコエ瑠偉、秋広優人、梶谷隆幸などがひしめき、なかなか出場機会に恵まれず完全に飼い殺し状態になってしまった。しかしあのパンチ力とガッツは魅力で、他チームであれば1軍ベンチに置いておきたいタイプ。原辰徳監督は単に困ったときのラッキーボーイとしてしか見ていなかったようだが、宝の持ち腐れですよ。むしろ競争させるのが上手なロッテの吉井理人監督の方が、上手に使えるのでは」

 石川との交換トレード要員だった大田も、プロ入りした2度目の原政権下では「未完の大器」と呼ばれていたが、日ハム入りすると1年目から1軍で100試合以上の出場機会を与えられ一気にブレークしている。原巨人を泣かせるシーンがやってくるかもしれない。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」