芸能

江頭2:50「下半身丸出しダイブ事件」で新宿署に連行の結末/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 釣り上げた巨大マグロをファンに食べてもらいたいと、お笑いタレントの江頭2:50が東京・築地で「エガちゃんねるマグロ祭り」を開催。だが当日の6月25日、朝7時の段階で大行列ができてしまい、整理券を手にできなかったファンらによってSNSが炎上した。そして運営側が不手際を謝罪する騒ぎに発展したことは、ネットニュースなどで報じられている通りだ。

 7月5日現在で登録者数380万人を誇る「エガチャンネル」で、江頭が「【時効だから話せる話】江頭、初めての逮捕。」と題し、26年前に勃発したトルコでのパフォーマンス逮捕劇を告白したのは、5月19日のことだ。

 江頭は1997年2月、空手家・佐竹雅昭がトルコの伝統的スポーツ「オイルレスリング」の現地チャンピオンに挑むという企画で、その前座役としてトルコを訪問。ところが、3000人が詰めかける会場で江頭が披露したのは、スッポンポンになるというパフォーマンスだった。むろんイスラム教の国では、公共の場でのそんな姿など、御法度もいいところ。観衆からは大ブーイングが巻き起こり、

「色々なものが投げられて。トルコ人が控え室に俺を殺しに来るんですよ。ドアをガーンって開けて」

 結局、警察で事情聴取を受けることになり、ディレクターからは「たぶん、20日間の留置所生活。勾留か罰金刑」と告げられたのだが、判決はまさかの「罰金75円」。

「大がかりなドッキリかと思った。次の日、イスタンブール空港で新聞を見たら1面が全部、俺なんですよ」

 おかげで帰国後もマスコミに追われ、知人女性宅に1カ月間も潜伏していたという。

 そんな江頭は2009年に再びトルコを訪れて、関係者に謝罪。翌日の新聞に「12年ぶりに日本のコメディアンが謝りに来た」と紹介されたことで、和解成立をアピールしたのだった。

 だが、江頭の逮捕劇はこれだけにとどまらなかった。それが2013年5月25日に東京・タワーレコード新宿で起こった、DVD発売記念&五輪のレスリング存続祈願イベントでの「丸出しダイブ事件」である。

 筋金入りのレスリングファンとして知られる江頭はイベントの最後に、ブリーフ1枚で「レスリングが五輪の種目に決まるように!」と叫び、ブリーフに手を通して肩まで引っ張り上げる「ブリーフ重量挙げ」に挑戦したのだが、残念ながら失敗。

 最後はブリーフを脱ぎ捨てて下半身を丸出しにした状態で、観客300人の客席めがけてダイビング。だが、この行為が法律違反行為にあたる可能性があるとして6月5日、新宿署で事情聴取を受けることに。

 事情聴取後、待ち受けた報道陣の囲み取材に答えた江頭は、

「お騒がせしてすみませんでした。まだ事件が終わってないので、コメントは差し控えさせていただきます」

 いつになく硬い表情でポツリ。サービス精神旺盛なのはわかるが、さすがにこれはやり過ぎだった。結局、東京簡裁から罰金20万円が科せられ、謹慎というお灸を据えられることになってしまったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ