スポーツ

イチローに憧れたボクシング元世界王者が「左利きです」とウソをついた理由は…

 これまで世界王者になった日本人プロボクサーで、同一階級で連続10回以上防衛したのは具志堅用高(13回)、山中慎介(12回)、内山高志(11回)、長谷川穂積(10回)の4人で、内山以外はサウスポーだ。ボクシングにおいて、サウスポーは有利なのだろうか。

 元IBF世界スーパーバンタム級王者の岩佐亮佑が、元世界王者・渡嘉敷勝男氏、竹原慎二氏、畑山隆則氏のYouTubeチャンネル〈渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則ぶっちゃけチャンネル〉に出演し(7月9日)、驚きの事実をぶっちゃけた。

「ボク、野球やってて、イチローが凄い好きだったんですよ。それで右投げ左打ちにめちゃくちゃ憧れてたんです。スポーツってサウスポーが有利って、けっこう言われてたじゃないですか。ボクシング習った時に、ジムの会長に『どっち利き?』って言われて『左です』ってウソついて…が始まりなんですよ。それからサウスポー。教わるんだったら最初っから左で教われば、できるかな~と思って」

「モンスター」こと元4団体バンタム級世界王者・井上尚弥や、4階級制覇で全防衛回数17を誇る井岡一翔といったオーソドックススタイルのツワモノもいるが…。

「岩佐のプロ戦績は28勝(18KO)4敗。10回TKOでプロ初黒星を喫した山中慎介、他にもリー・ハスキンス(イギリス)、テレンス・ジョン・ドヘニー(アイルランド)、ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)と、岩佐を打ち負かした相手は全てサウスポーでした」(ボクシング関係者)

 やはり、サウスポーが有利ということなのか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」