芸能

太川陽介のテレ東「バスVS鉄道旅」最新回が企画崩壊する「ルート設定」の大問題

 太川陽介と村井美樹が激しいバトルを繰り広げる「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」の最新回が7月26日に放送されるが、放送前から早くも「勝負にならないのではないか」と指摘されている。理由は「ルート設定」だ。

 今回の舞台は北海道。旭川空港をスタートし、十勝が丘公園を目指す。これがなぜ問題なのか。テレビ誌ライターが語る。

「同番組は鉄道とバスの乗り継ぎが見どころですが、北海道は鉄道路線が少なく、乗り換え術を発揮することができない。旭川から十勝へ行く鉄道路線は富良野線と根室線ぐらいしかありません。これでどう乗り継ぎ術を発揮しろというのか…」

 しかも根室線の東鹿越駅と新得駅の間は2016年の台風で被害を受け、今も不通で代行バスが走っている。

「第3弾も似たようなケースでした。上田電鉄別所線の上田駅と城下駅の間が不通で代行バスが走っていたのですが、鉄道チームは利用できず歩くことになりました。この時はわずか0.8kmで問題になりませんでしたが、東鹿越駅と新得駅の間は41kmもあることから、まさか歩くわけにはいかないでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 バスチームも一筋縄では行きそうにない。バス路線の方も少なく、乗り継ぎ術を発揮することができないのだ。北海道特有の問題もあるそうで、

「北海道のバス路線はとにかく長く、本数も多くないので、バスに乗り遅れた場合、長時間待つか長距離を歩くか、どちらかを選ぶことになります。太川の性格から、待つという選択はありえません。バス旅といいながら、とにかく歩く旅になる可能性は高いでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 それを証明するかのように番組の公式ツイッターでは、ロケでひたすら歩いたと投稿されている。最新回は「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」ではなく「ひたすらあるき旅」になりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」