社会

北海道“高2少女”に「母と祖母を同時殺害」を決意させた理由(3)生徒会に打ち込んだのはなぜ?

「A子は教室ではほとんど無口だけど、特別いじめられているわけでもなかった。ソフトボール部で3年の時には身長160センチくらいで細身なんですけどパワーヒッター。4番を任され、道内の大会で活躍していました。だけど『門限が5時だから』と言って、ほとんど練習に参加できなかったんです」(中学校の同級生)

 門限を破って祖母の逆鱗に触れるのを恐れ、毎日のように走って帰宅していたという。この“奴隷生活”から脱出したかったA子は、進路の悩みも打ち明けていた。

「自衛隊を希望していて、先生に『中卒でも入れるんですか』と相談していた。自衛隊に入れば衣食住で困ることはなかったので、本気で入隊を考えていたそうです」(中学の同級生)

 地獄のような家を出て、1人暮らしへの強い願望が中学時代から芽生えていたのか‥‥。

 結局、自宅近所の高校に進学することを選んだA子は積極的に学校行事に参加。生徒会では役員を務め、次期生徒会長に就任する予定だった。「学校生活を楽しんでいるように見えた」と言うA子の高校の同級生は、一方で、こんな胸のうちを聞いている。

「以前、仲間うちで、生徒会活動のやりがいについて話題になったことがありました。その時A子は『生徒会の活動がある時は、すぐ家に帰らないでいいから‥‥』と、こぼしていました」

 そんな中、A子が「奴隷生活」を強いられていた一家に雪解けムードが漂う出来事もあった。

 A子が今年1月5日から、学校の「国際交流」でニュージーランドに短期留学。帰国後に学校でこんな文書で報告しているのだ。

「私はもともと自分が思っていることや、説明したいことを相手に伝えることが苦手でいつも曖昧にしか言えませんでした。(中略)曖昧な言葉は相手を困らせ、時には自分自身をも困らせてしまうことがあるのです。一週間という短い期間でしたが日本に帰ってきて外国に行った体験を家族に説明した時、とても楽しんで聞いてもらいました」

 短期留学後の報告会には、祖母と母親の姿もあったという。

 それから約9カ月の間に何が殺害を決意させたのか。9月25日、A子はツイッターで、犯行を予告するような内容をつぶやいた。

〈絶対あれだな、あれしちゃうかな。がち消してやりてぇ 存在も記憶からも〉

 文章のあとには、包丁の絵文字が15個も表示されている。逮捕後、捜査員に後悔の気持ちを漏らしているというA子。

「同時殺害」を実行しても、苦しみから解放される日は訪れなかったようだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?