芸能

綾瀬はるか 主演ドラマで期待される“奥の手”とは!?

20141020ayase

 ドラマ「きょうは会社休みます。」(日本テレビ系)で主演の綾瀬はるか(29)と、「ファーストクラス」(フジテレビ系)で主演の沢尻エリカが、“水10”枠で激突している。

「沢尻主演の『ファーストクラス』は今年4~6月期に放送された前作が深夜枠ながら最終回で10.3%の高視聴率を記録しており、放送前から綾瀬の苦戦が予想されていた。綾瀬サイドも『あまちゃん』(NHK)でブレークしたイケメン俳優の福士蒼汰を共演陣に取り込むなど、盛り上げに必死です」(スポーツ紙芸能担当デスク)

 綾瀬といえば、今や人気若手女優の地位を築いているが、これまでヒットした作品は「ホタルノヒカリ」(日テレ系)しかり、「JIN‐仁‐」(TBS)しかり、どれもストーリーや設定、豪華共演陣に助けられてきた感があり、女優として代表作と呼べるような作品はない印象だ。

「昨年放送されたNHK大河ドラマ『八重の桜』も大成功とは言いがたい結果でしたね。今回迎える同世代のライバル女優である沢尻との直接対決は、今後の女優生命にも大きな影響をもたらすことになりそうです」(前出・スポーツ紙芸能担当デスク)

 そうした中、ついに綾瀬が封印していた奥の手を出すのではないかと業界内では注目が集まっているという。

「バストですよ。綾瀬さんはグラドル時代にはその大きなバストで多くの男性をトリコにしましたが、女優としてブレイクするにつれて露出を減らしてきました。ただ、今回は正念場ですしね。作品も、“男性経験のないアラサー女”がイケメン大学生と結ばれるというラブストーリーで、ベッドシーンは必須。女性ウケの良い『ファーストクラス』に勝つには、男性視聴者の獲得がキモとなるだけに、今作に限ってはかなり激しいベッドシーンも期待できるのではないでしょうか」(番組制作会社スタッフ)

 初回放送の視聴率は、綾瀬が沢尻に圧勝。綾瀬の封印を解いてもらうためには、沢尻の巻き返しに期待するしかないが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!