芸能

綾瀬はるか 主演ドラマで期待される“奥の手”とは!?

20141020ayase

 ドラマ「きょうは会社休みます。」(日本テレビ系)で主演の綾瀬はるか(29)と、「ファーストクラス」(フジテレビ系)で主演の沢尻エリカが、“水10”枠で激突している。

「沢尻主演の『ファーストクラス』は今年4~6月期に放送された前作が深夜枠ながら最終回で10.3%の高視聴率を記録しており、放送前から綾瀬の苦戦が予想されていた。綾瀬サイドも『あまちゃん』(NHK)でブレークしたイケメン俳優の福士蒼汰を共演陣に取り込むなど、盛り上げに必死です」(スポーツ紙芸能担当デスク)

 綾瀬といえば、今や人気若手女優の地位を築いているが、これまでヒットした作品は「ホタルノヒカリ」(日テレ系)しかり、「JIN‐仁‐」(TBS)しかり、どれもストーリーや設定、豪華共演陣に助けられてきた感があり、女優として代表作と呼べるような作品はない印象だ。

「昨年放送されたNHK大河ドラマ『八重の桜』も大成功とは言いがたい結果でしたね。今回迎える同世代のライバル女優である沢尻との直接対決は、今後の女優生命にも大きな影響をもたらすことになりそうです」(前出・スポーツ紙芸能担当デスク)

 そうした中、ついに綾瀬が封印していた奥の手を出すのではないかと業界内では注目が集まっているという。

「バストですよ。綾瀬さんはグラドル時代にはその大きなバストで多くの男性をトリコにしましたが、女優としてブレイクするにつれて露出を減らしてきました。ただ、今回は正念場ですしね。作品も、“男性経験のないアラサー女”がイケメン大学生と結ばれるというラブストーリーで、ベッドシーンは必須。女性ウケの良い『ファーストクラス』に勝つには、男性視聴者の獲得がキモとなるだけに、今作に限ってはかなり激しいベッドシーンも期待できるのではないでしょうか」(番組制作会社スタッフ)

 初回放送の視聴率は、綾瀬が沢尻に圧勝。綾瀬の封印を解いてもらうためには、沢尻の巻き返しに期待するしかないが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画