スポーツ

「東京ドームで阪神ファンに規制をかける」巨人が目論む「ブーイング排除」の強制措置

 巨人の球団内に、本拠地・東京ドームでの阪神ファンの観戦を規制する動きが出ている。スポーツ紙プロ野球担当デスクが明かす。

「発端は8月8日の試合でした。高梨雄平が登板した際に、スタンドの阪神ファンから『帰れ』コールに加え、大ブーイングが起きました。確かに7月22日の試合で、高梨が阪神・近本光司にデッドボールを与えてケガをさせ、欠場に追い込んだ。でも巨人としては、和解したとの認識です。あまりにしつこいと判断しているようでした」

 現在、学生の大半は夏休み中のため、東京ドームで野球観戦する子供たちは多い。ところが今回の阪神戦では、あまりのヤジのひどさやブーイングの連続で、気分を害して席を立つ親子連れの姿が目立った。前出のデスクは、

「SNS上には『ドームでの阪神戦には行かない』との書き込みがあります。対戦相手をリスペクトしない声援は教育上よくない、と判断する保護者もいます。今年はWBCで野球に真摯に向き合う姿勢がクローズアップされたのに、阪神ファンの言動は水を差しかねない」

 虎党にとっては、久しぶりに巡ってきた「アレ」のチャンスだ。熱くなるのも無理はない。だが巨人とて、優勝は無理としても、クライマックス・シリーズ出場が最低条件。万難を排したいのが本音だ。阪神ファンの言動によって、本拠地にもかかわらず必要以上にナーバスになるのは避けたいところである。

「巨人の球団内には、阪神ファンを一種のフーリガンと考えている人間もいる。先日、浦和レッズサポーターが試合後に暴動を起こし、チームは対象者77人を処分した。野球でもそのぐらい毅然とした態度を取るべきだ、という声も出始めています。今のような事態が続けば、巨人が阪神に対し、なんらかの対策をとるよう、要望を出すことになるでしょう」(スポーツ紙遊軍記者)

 両軍ファンのヤジが笑いを誘い、試合を盛り上げることも多い。だが、相手チームのファンを不快にさせるようでは、伝統の一戦が色あせてしまう。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え