社会

静岡県浜松市の住宅街に突如現れた「魔女の館」が新名所に

20141030bb

 静岡県浜松市の住宅地にあるバス通りに突如「魔女の館」が現れたと話題になっている。鋭くとがった屋根や、ぐにゃっと曲がった柱や壁。建物を取り囲む柵にはカラスやコウモリのレリーフまでが‥‥どこか怪しい雰囲気だけに、何が起こっているのか

 浜松市東区半田山3丁目のバス通り、周囲には洒脱な一軒家や団地が並ぶ中、異彩を放っているのが、通称「魔女の館」と呼ばれる建物だ。まるでディズニーランドのアトラクションの中に入り込んだようなファンタジー感あふれる西洋風の建物に、足を止めてスマホで写真を撮る通行人も多い。通りすがりの人からは、

「新しくオープンするテーマパーク? それともレストラン?」

 といったささやきも聞こえてくる。はたしていったい、この建物の正体は‥‥。たどっていくと設計施工を担当した「ぬくもり工房」(電話:053・486・1723)という会社に行きついた。取材に対応した佐々木茂良社長によれば、もともとこの「魔女の館」は、施工主からの依頼で実現したという。

「昨年の1月頃にハロウィングッズのコレクターでもあるオーナーから『魔女をイメージしたアパートを造ってほしい』というオファーをいただいたのが始まりです」

 佐々木さんはこれまで絵本や童話に出てくるような、ふんわりと丸みを帯びた店舗や住宅を数多く手がけてきた。ところが、今回ばかりはメルヘンチックな建物とはまったく逆の、不気味さを表現しなければならなかったのが苦労のタネだったとか。

「魔女を表す形とは何だろうかと考えた時、先がとがった魔女の帽子と、コウモリにたどりつきました。その年の夏にデザイン画をオーナーに見せたところ、たいへん喜んでくれました」

 建設工事が始まったのは、今年2月。平面のデザイン画を立体化するのは困難を極めた。特に屋根の先端部分が台風などで折れてしまったら大変なことになる。佐々木さんはみずから現場に出向いて、考えつく全ての方法を用いて強度を高めた。

「若い頃、私は大工をやっていまして、自分で設計したものを自分で造るのが夢だったんです。それも、おとぎ話のようなファンタジックな世界観が私自身のテーマなんです」

 今年7月に建物が完成し、それまで覆っていた足場やネットが取り払われると、前を通る人々や信号待ちのドライバーたちは目を疑った。さらにはツイッターやフェイスブックなどに「何の建物?」「ディズニーとかUSJみたい!」という驚きの声も。中にはハリー・ポッターをネットで検索してたどりついた人もいるらしい。

 気になるのは、今後の利用方法だ。アパートとして設計された「魔女の館」は全4戸あり、うち2戸は2階建のメゾネットタイプ。見た目と違い、当然ながら室内の柱や壁はまっすぐに造られているという。さらに内装にもこだわり、無垢材のフローリングや猫足付きのバスタブ、タイル張りの洗面台など全体的にかわいらしく、かつゴージャスにまとめられている。また、管理棟内には入居者の共有スペースがあり、オーナーが厳選したインテリアや雑貨でオシャレにコーディネートされているというだけに問い合わせも殺到。

 アパートを管理する不動産会社には現在、問い合わせが多数寄せられている。家賃や間取りは非公開だが、年明け頃をメドに入居が始まるという。

「アパートのコンセプトを理解し大切に使っていただきたいというのがオーナーの意向です。入居希望の方ひとりひとりと面接して決めることになっています」

 突如、浜松市に登場したテーマパーク住宅。早くも浜松市内の新名所になることは間違いないだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒