スポーツ

高木豊が明かした「セ・リーグ在京球団」が花巻東・佐々木麟太郎を狙う意外

 今年の夏の甲子園は慶応(神奈川)が仙台育英(宮城)を8-2で破り1916年(大正5年)の第2回大会以来、107年ぶり2度目の優勝を果たした。

 今大会にもプロのスカウト陣が注目する選手は少なくないようだが、元プロ野球選手の高木豊氏は自身のYouTubeチャンネルで、「もし俺がGMなら獲得したい選手」と題し、夏の甲子園に出場した選手から「ドラフト候補」をピックアップしていた。

 高木氏が「順不同だからね」と前置きして最初に挙げたのは、日大三高の安田虎汰郎投手。

「非常に器用さを感じるのと、バウアー的な匂いがする」

 といい、将来的にはもっとスピードをつけて高めで勝負ができ、チェンジアップで落とせる投手になることを期待した。

 次に慶応の延末藍太選内野手を挙げ、バットコントロールの良さを高評価している。

 そんななか、高木氏は高校通算140本塁打の怪物として今大会の目玉だった花巻東の佐々木麟太郎選手もピックアップ。「とらえた打球の速さは抜けている」と言い、

「ウワサで聞くと、どっかいく(指名する)というのは聞いてる。セ・リーグのある球団だけど。在京だよ。パもいくと思うよ」

 と明かしていた。

 セ・リーグで在京球団といえば、巨人、ヤクルト、DeNAに絞られるが、佐々木の場合は重量級の体型の上に守備面に難があると言われるだけに意外。

 いずれにせよどこが誰を狙うのか、今からドラフトが楽しみだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白