社会

関東大震災でも起きていた「台風」と「巨大地震」同時襲来の「火災旋風地獄」

 1923年(大正12年)9月1日、11時58分に発生した関東大震災では、東京・横浜を中心に丸2日間にわたって火災が発生した。死者約10万人のうち、約9割が火災で死亡したとされる。

 実はこの発生日、日本海側では台風が進んでいた。その影響を受け、関東地方の正午ごろの風速は毎秒8メートルと強く、これが火災を拡大させたと見られている。

 さらに甚大な被害をもたらしていたのが、「火災旋風」だ。サイエンスライターが語る。

「火災旋風は火災で発生した大量の熱気が上昇して上空の冷気と混ざり合い、竜巻状の渦が発生。この炎の渦が人や家屋を巻き上げては地面に叩きつけ、犠牲者の数を押し上げました。旋風の高さは最大で200メートル以上。それが竜巻のように移動し、火災をさらに拡散させたのです」

 しかも前述の通り、日本海側を進む台風によって関東平野には強風が吹きつけていたため、火災旋風が巻き起こりやすい状態だったことは間違いない。

「地球温暖化によって台風がたびたび発生するようになった今、台風の接近と、いつ発生してもおかしくはない関東直下や南海トラフを震源とした巨大地震の発生が重なる可能性は高くなっている。その際は、火災旋風をはじめとした予想だにしない被害が我々を襲うことになる。国はそうした被害想定も行っておくべきです」(前出・サイエンスライター)

 関東大震災から100年。自然災害が単独で起こるとは限らない環境になっていることを、肝に銘じておくべきだろう。

(蓮見茂)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」
5
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」