社会

大阪市長・橋下徹VS在特会会長・桜井誠 恫喝バトルを裏組織の人物がジャッジ!(1)討論序盤から激突モード

20141106lm

 10月20日、大阪市役所には多くの報道陣が集まった。橋下徹大阪市長が、「在日特権を許さない市民の会」の桜井誠会長を呼び出し、公開討論会に及んだからだ。平行線のままつかみ合い寸前までヒートアップした両者のバトルはわずか10分で終了。醜悪な結果を現役裏組織の人物がおんどりゃ~っとジャッジした!

「僕の意見を聞くんじゃなくて‥‥」

「いや、アンタが言いだしたことやろ!」

「『アンタ』じゃねえだろ」

「オマエでいいのか、じゃあ?」

 この会話は、中学生の口ゲンカではない。れっきとした大人の「公開討論」の冒頭の一幕である。

 冒頭、「僕」と発言したのは、橋下徹大阪市長(45)。カマしにいったのは桜井誠「在日特権を許さない市民の会」(通称「在特会」)会長(42)だ。まずは「在特会」の目的を、同会サイトに掲載された桜井氏の言葉を引用する形で紹介しよう。

〈特権とは何か? と問われれば、何より「特別永住資格」が挙げられます。これは1991年に施行された「入管特例法」を根拠に、旧日本国民であった韓国人や朝鮮人などを対象に与えられた特権です。(略)在日をほかの外国人と平等に扱うことを目指すことが在特会の究極的な目標〉

 この主張を伝えようと全国でデモを行う在特会だが、デモの過激な発言は「ヘイトスピーチ」と呼ばれるようになった。大阪でのデモをストップさせようと、橋下氏は桜井氏を市役所に呼び出して「ヘイトスピーチ」についての公開討論を行おうとしたのだ。

 そこで、ケンカのプロである現役の関東ヤクザなどに、両者の勝敗をジャッジしてもらうことにした。ヤクザが笑みを浮かべて感想を漏らす。

「おもしろいねぇ。我々の“かけ合い”でも、よくこういうことがある。冒頭の応酬なんか、俺でもそう言うだろう。かけ合いはある意味、揚げ足取りだからな」

“かけ合い”という耳慣れない言葉を、極道から文筆業に転身した作家の中野ジロー氏が解説する。

「ヤクザの世界で言うトラブルが起こっている時の『話し合い』ですよ。まず目を見るんです。本当に修羅場をくぐってきた人間は目が違う。口だけの人間か、殺せる人間かを目で見て判断するのです」

 その後、自分たちのどの発言が「ヘイトスピーチ」なのかを問いただす桜井氏。

橋下氏「民族とか国籍をひとくくりにして評価をするような、そういう発言はやめろと言ってるんだ」

桜井氏「朝鮮人を批判することがいけないって、あなたは言ってるわけ?」

橋下氏「オマエな‥‥」

桜井氏「オマエって言うなよ!」

橋下氏「うるせえ! オマエ! オマエだよ!」

桜井氏「何だよ、それ」

 席を立ち橋下氏に向かって歩きだす桜井氏と立ち上がる橋下氏。周囲にいたSPたちは緊迫した面持ちで駆け寄り、両者を制止した。

「話をまとめるかけ合いもあれば、喧嘩するかけ合いもあり、それぞれ対応が違う。今回の面会は橋下が呼んだんだから、桜井のやり方はアリだ。話をまとめたいのは橋下のほうだろう。橋下は桜井の最初の「アンタ」発言で、明らかにカチンときている。この程度の挑発に乗ってはいけない。そういう点では、橋下のヘタうちになる」(現役関東ヤクザ)

 むろん、ここで収まるはずはなく、2人はますますヒートアップするのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴