社会

大阪市長・橋下徹VS在特会会長・桜井誠 恫喝バトルを裏組織の人物がジャッジ!(1)討論序盤から激突モード

20141106lm

 10月20日、大阪市役所には多くの報道陣が集まった。橋下徹大阪市長が、「在日特権を許さない市民の会」の桜井誠会長を呼び出し、公開討論会に及んだからだ。平行線のままつかみ合い寸前までヒートアップした両者のバトルはわずか10分で終了。醜悪な結果を現役裏組織の人物がおんどりゃ~っとジャッジした!

「僕の意見を聞くんじゃなくて‥‥」

「いや、アンタが言いだしたことやろ!」

「『アンタ』じゃねえだろ」

「オマエでいいのか、じゃあ?」

 この会話は、中学生の口ゲンカではない。れっきとした大人の「公開討論」の冒頭の一幕である。

 冒頭、「僕」と発言したのは、橋下徹大阪市長(45)。カマしにいったのは桜井誠「在日特権を許さない市民の会」(通称「在特会」)会長(42)だ。まずは「在特会」の目的を、同会サイトに掲載された桜井氏の言葉を引用する形で紹介しよう。

〈特権とは何か? と問われれば、何より「特別永住資格」が挙げられます。これは1991年に施行された「入管特例法」を根拠に、旧日本国民であった韓国人や朝鮮人などを対象に与えられた特権です。(略)在日をほかの外国人と平等に扱うことを目指すことが在特会の究極的な目標〉

 この主張を伝えようと全国でデモを行う在特会だが、デモの過激な発言は「ヘイトスピーチ」と呼ばれるようになった。大阪でのデモをストップさせようと、橋下氏は桜井氏を市役所に呼び出して「ヘイトスピーチ」についての公開討論を行おうとしたのだ。

 そこで、ケンカのプロである現役の関東ヤクザなどに、両者の勝敗をジャッジしてもらうことにした。ヤクザが笑みを浮かべて感想を漏らす。

「おもしろいねぇ。我々の“かけ合い”でも、よくこういうことがある。冒頭の応酬なんか、俺でもそう言うだろう。かけ合いはある意味、揚げ足取りだからな」

“かけ合い”という耳慣れない言葉を、極道から文筆業に転身した作家の中野ジロー氏が解説する。

「ヤクザの世界で言うトラブルが起こっている時の『話し合い』ですよ。まず目を見るんです。本当に修羅場をくぐってきた人間は目が違う。口だけの人間か、殺せる人間かを目で見て判断するのです」

 その後、自分たちのどの発言が「ヘイトスピーチ」なのかを問いただす桜井氏。

橋下氏「民族とか国籍をひとくくりにして評価をするような、そういう発言はやめろと言ってるんだ」

桜井氏「朝鮮人を批判することがいけないって、あなたは言ってるわけ?」

橋下氏「オマエな‥‥」

桜井氏「オマエって言うなよ!」

橋下氏「うるせえ! オマエ! オマエだよ!」

桜井氏「何だよ、それ」

 席を立ち橋下氏に向かって歩きだす桜井氏と立ち上がる橋下氏。周囲にいたSPたちは緊迫した面持ちで駆け寄り、両者を制止した。

「話をまとめるかけ合いもあれば、喧嘩するかけ合いもあり、それぞれ対応が違う。今回の面会は橋下が呼んだんだから、桜井のやり方はアリだ。話をまとめたいのは橋下のほうだろう。橋下は桜井の最初の「アンタ」発言で、明らかにカチンときている。この程度の挑発に乗ってはいけない。そういう点では、橋下のヘタうちになる」(現役関東ヤクザ)

 むろん、ここで収まるはずはなく、2人はますますヒートアップするのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!