スポーツ

「だから投手出身監督の発想なんよ!」阪神・岡田監督がヤクルト・高津監督をボロカスにコキ下ろし

 9月3日のヤクルト戦で死球を受けた阪神・近本光司について、岡田彰布監督は翌4日、ヤクルトの高津臣吾監督をボロカスにコキ下ろした。というのも、高津監督が試合後に、

「持ち球がシュートなので、そこにいってしまった」

 と、7月の死球で骨折離脱した右脇腹付近にまた当てたことについて、釈明したからだ。ところが岡田監督は、

「シュートピッチャーやったら当ててもええんか、えー! だから投手出身監督の発想なんよ! 野手はそういう痛みがわかるから」

 ひと晩寝ても怒りは収まらないどころか、さらに増幅したのである。相手陣営への恨みつらみは、どうにも止まらない。球団関係者が言う。

「やられた選手(近本)からすれば嬉しい反論でしょうけど、あまり言い過ぎると、思わぬ敵を作ってしまう」

 8月にも横浜スタジアムで審判団に食ってかかり、激怒したシーンは印象的。直後には日本野球機構(NPB)のセ・リーグ統括がわざわさ球場を訪れて、経緯を説明する事態になっている。

「あれもその場はいいが、今後、微妙な判定で選手が不利に立たされることも予想される。岡田さんはそこまで計算してやってはるんでしょうか」(前出・球団関係者)

 事実、どんでん監督の怒りはこの日、またしてもNPBを刺激した。

「12球団の実行委員会、理事会後にヤクルトの球団幹部が取材対応中、阪神球団幹部への謝罪について報道陣から聞かれた時に立ち会ったNPB関係者が『両者は笑顔で友好的な会話をしていましたよね』と助け船を出す始末でした」(テレビ局スポーツ番組プロデューサー)

 グラウンド内のこととはいえ、ここまで「場外戦」が多いと悪目立ちする。選手が余計なトバッチリを受けなければいいが…。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬