芸能

ジャニーズとテレビ隠蔽史(上)「重く受け止める」の横並びで野放しの反省ナシ

「マスメディアが正面から取り上げてこなかった、などの指摘を重く受け止め、性加害などの人権侵害は、あってはならないという姿勢で報道してまいります」

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川前社長による性加害問題に関して、「外部専門家による再発防止特別チーム」による調査報告書が公表されたのは8月29日。芸能関係者が語る。

「完全な外部の第三者委員会ではなく、同事務所が設置したチームであったことから、どこまで踏み込んだ調査が行われるのか懐疑的な見方もありましたが、ジャニー氏による性加害の事実をきっちり認定し、その被害者が数百人に上るだろうということも明言。世間を納得させるに十分な調査結果でした」(芸能関係者)

 この問題を取り上げてこなかったメディアへの厳しい指摘もあり、日本テレビは冒頭のようなコメントを発表。

「翌日までにNHKを含む全民放キー局がコメントを出していますが、いずれも『重く受け止める』といった言葉の横並びで、今後の姿勢や対応について具体的な文言はありませんでした。多くの人気タレントを抱える同事務所への忖度から、2004年には裁判で認定もされているジャニー氏の性加害問題を取り上げてこなかったことで野放しにしてきたことへの反省は見えず、なんならシレッと同事務所を追求する側に回ろうという気配も窺えますからどうしようもない」(前出・芸能関係者)

 ジャニーズの歴史は、テレビのジャニー喜多川氏の性加害隠蔽の歴史でもある、ということをまずは認めることがテレビ界に求められることであるはずだが…。

「ジャニーズの初代タレントといえば、その名も『ジャニーズ』ですが、結成当初は別のプロダクション内の『新芸能学院』に籍を置いていました。1962年にジャニー氏が事務所を創業し同事務所初の所属グループになり、65年にはNHK紅白歌合戦出場。アイドルとして大人気となりましたが、67年、ジャニー氏は新芸能学院から、それまでの授業料やスタジオ使用料、宿泊費の支払いなどを求められ訴えられています。この裁判の中で注目を集めたのがジャニー氏の性加害疑惑でした」(芸能プロ関係者)

 4人のメンバーは証言台に立ち、原告側弁護士からの性加害行為があったのかについて問われ、全員がこれを否定する答弁を行っているが、

「のちにメンバーだった中谷良は、89年に上梓した自著『ジャニーズの逆襲』の中で、〈事前に答弁の言葉は決められていました。ジャニー喜多川氏が、それが自分たちにとって最高の手段であるのだとみんなを説き伏せて…〉と明かし、この時にジャニー氏の性加害行為を公にできていたら、ジャニーズ事務所はその時点で崩壊していたかもしれず、その後の被害者も生まれていなかったのではと、心を痛めていると綴っていました」(前出・芸能関係者)

 その後、フォーリーブス、郷ひろみを大ブレイクさせて勢力を拡大していき、芸能界、テレビ界に大きな影響力を持つようになると、この問題はうやむやに。テレビ界がジャニー氏の性加害行為を放置した罪は非常に大きい。

(露口正義/(中)に続く)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化