社会

港区「中学校シンガポール修学旅行」よりすごい足立区「医学部奨学生に返済不要3600万円」の太っ腹

 シロガネーゼからヒルズ族まで、有名人や富裕層が暮らすイメージが強い東京都港区では、来年度からの区立中学校の修学旅行先が海外になるという。第一弾として、シンガポールへの3泊5日旅行が決まった。

 これには賛否両論あるが、区民でもない外野が文句を言うのは筋違いだろう。港区は地上波の民放テレビ5社をはじめ、多数の有名企業が本社を置いており、法人税収は潤沢。対象になる中学3年生は区内10校でわずか700人余りだ。港区に暮らす中学生の4割が私立中学に進学しているため、区立中学は1学年2、3クラスしかない。夏休みや正月には海外旅行に行く、高額納税世帯も多い。だからこそ「区内の教育格差、体験格差を解消」するための取り組みは、評価されるべきだろう。

 それでは港区と他の22区の教育格差はどうなのか。実は港区以上に「教育格差解消に力を入れている区」がある。ビートたけしの出身地として知られる、足立区だ。

 足立区は今年3月1日から子育て支援策として、独自の奨学生制度を始めた。学業成績が優秀でありながら、経済的な理由により大学進学を諦める子供を1人でもなくす狙いだ。一定の学力と条件を満たした学生が医学部に進学した場合、給付金は6年間で最大3600万円。それ以外の学部は4年間で830万円を上限とし、返済義務はない。

 さらに以前からの取り組みだが、経済的理由、家庭の事情で進学塾に通えない公立中学校の成績優良児のために、区営の無料塾を運営。都立日比谷高校、都立戸山高校、都立青山高校への進学実績を持っている。

 都内23区で潤沢な教育予算がつけられるのは、法人税収入に加えて「貧困を伴う高齢化」の影響が少ないからだ。都内である程度の財産を持つ高齢者は、持病があったり新型コロナにかかったりしても、年間契約しているプライベートドクターの往診で自宅療養、あるいはプライバシーを守るため有名病院の特別個室で自由診療を受けている。「治療費を区が負担する見返りに個人情報が漏れる」より、自腹で入院すれば保健所から電話がかかってくる煩わしさもなく、静かに療養できるからだ。

 高級老人ホームに入る区民も多いため、都心部ほど公営の老人福祉施設の「待機老人」がいない。暮らしていた持ち家やマンションを賃貸に出せば、その賃料で老人ホームの諸費用を賄えるからだ。カネと人手のかかる高齢者がいない分、減少した子供に教育予算がかけられ、経済も人も回っていく。

 東京に比べて土地の価格でハンディを負っている地方ほど、港区の海外修学旅行を批判しているヒマなどない。市町村の予算を見直し、子供の教育水準を上げ、経営者や医師になる人材を育てない限り、老人だらけの貧しい町にやってくる経営者や医師などいるわけがないのだから。

(那須優子/医療ジャーナリスト)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え