政治

【あぁ大誤算…】心にもない「弔辞」を口にしたプーチンの迷いと怯え~プリゴジン暗殺の真相と大波紋(4)

「ワグネルの乱」を主導したエフゲニー・プリゴジン氏が墜落死した翌日の8月24日、ロシアのプーチン大統領はウクライナ東部ドネツク州の親ロシア派代表との会談の場を借りる形で、モスクワのクレムリン(ロシア大統領府)内にある大統領執務室から、プリゴジン氏への哀悼の意を、次のように表明してみせた。

「彼はウクライナのネオナチ政権と戦うという共通の大義に、多大な貢献をしてくれた。彼のことは1990年代初めからよく知っている。複雑な運命を背負った男だった。人生で重大な過ちを犯したが、私の求めには必要な結果も達成した。才能のある人物だった。彼は昨日、アフリカから戻ったばかりで、ここで何人かの関係者と会っていた」

 まさに自らが葬り去った反逆者に白々しく弔辞を送る独裁者の図、と言うほかないが、なぜプーチンはこれほどまでに手の込んだメッセージを国内外に発信したのか。

 まず考えられるのは、心にもない弔辞を平然と口にすることで、隠然たる独裁者ぶりを改めて誇示すべく、ひと芝居打った、というシナリオである。およそ人間の所業とは思えない恐怖のやり口を目の当たりにすれば、体制内の不満分子もさすがに背筋を寒くして震え上がるだろう、との魂胆だ。

 だがそれは、殺戮王プーチンが暗殺やクーデターを病的なまでに恐れていることの裏返しでもある。プーチンの行動や心理を分析しているロシア専門家によれば、

「プーチンはワグネルの乱に肝を潰した。反乱部隊がモスクワに迫りつつあることを聞くや、クレムリンの地下にある秘密の鉄道駅から特別装甲列車に飛び乗り、バルダイ(モスクワとサンクトペテルブルクの中間地点にある都市)にある秘密の別荘に逃れ、その地下壕で縮み上がりながら趨勢を見守っていたと言われます」

 その後、プーチンはプリゴジン氏をどう始末するかについても迷い続けたといい、

「プリゴジンには同志もいれば、賛同者もいる。結局、暗殺後に表明された哀悼の辞は、内乱の影に怯える独裁者の、窮余の一策だった」

 誤算の連続の中で今、プーチンは次第に自信を失いつつある。

(つづく)

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察