社会

山崎元の「なっ得!オヤジのためのマネー講座」 -退職金を運用するなら参考数字は「360」!-

20141127s

退職金を運用するなら参考数字は「360」!金融マンには相談するな

 サラリーマンにとって、退職金がまとまった金額の収入として最大のものである場合が少なくない。退職金は税金面で有利だ。報酬の一部を退職金の形で受け取ること自体は合理的だ。

 だが、実質的なお金の「運用デビュー」が退職金の運用から、という方が少なくない。実は、筆者が一番心配しているのが、こうした方が不適切な運用に誘導されてしまうことだ。

 重要なのは、退職金が振り込まれた銀行でこれを運用しないことだ。退職金が振り込まれるのは、給与振り込みやカードの決済などに使っている銀行口座だろう。本連載の第1回目に書いた通り、銀行は顧客の懐具合を知りすぎている。銀行が、老後の生活設計の方法について無料でアドバイスしてくれたりするかもしれないが(タダほど高い物はない!)、すべて無視しよう。

 アドバイスを聞くと、「どうしますか」と問われる。答えなければいけないような気になる。運用商品を買わないといけない気になる。しかし、銀行の店頭にリスクを取った運用に適切な商品は「1つも無い」のだ。

 退職金が入った時点で、改めて自分の財産を確認すべし。この時に参考になる数字が「360」だ。

 65歳で退職し、95歳まで生きると考えて、360カ月ある。持っているお金の360分の1を取り崩して使っても、95歳まで生活費が賄える計算だ。例えば、3600万円持っている人は、毎月の年金額に加えて、10万円使える。

 仮にこの人が、今、お金の運用で1割、つまり360万円損したとしよう。将来使えるお金は年金額プラス9万円に減る。使えるお金が1万円減るのは残念だが、「何とかなる」場合が多かろう。運用のリスクを生活に結びつけてイメージするには、老後の毎月の生活資金に換算してみるといい。

 老後の生活資金の減少で許容出来るのは毎月1万円までだという人は、毎月1万円に相当する360万円が許容出来る損の限度だ。

 リスクを取っていい金額はこの3倍までだ。内外の株式で以下のように運用すると、最悪の場合1年間の損がリスク投資額の概ね3分の1なので、そこからの逆算だ。先の場合、1080万円が限度だ。

 この範囲で、内外の株式に投資する以下の商品に資金を半々に投資しよう。国内株式は「TOPIX連動型上場投資信託」(コード番号1306)、外国株式は「SMTグローバル株式インデックス・オープン」だ。共に株価指数に連動するインデックス・ファンドで、運用の手数料が安い。

 残りのお金で10年分の支出を超える分は、個人向け国債の変動金利で10年満期のタイプで運用するのが分かり易くて無難だ。

 退職金運用を金融マンに相談するのは、赤ずきんちゃんがオオカミに道を聞くくらい愚かなことだ。

◆プロフィール 山崎元(やまざき・はじめ) 経済評論家。58年、北海道生まれ。東京大学経済学部卒業後、三菱商事に入社し、野村投信、住友信託、メリルリンチ証券など12回の転職を経て、現在は楽天証券経済研究所客員研究員。獨協大学経済学部特任教授。「全面改訂 超簡単 お金の運用術」(朝日新書)など著書多数。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン