スポーツ

掛布雅之 DC元年「掛布チルドレン」を総括(1)

20141127o

 今年の秋も昨年に引き続き、高知・安芸で若手の指導に当たっています。球場以外にも宿舎での早朝練習、夜間練習と野球漬けの日々です。昨秋、GM付打撃&コーディネーター(DC)という肩書で、再び阪神に籍を置くようになってから1年が経過しました。この1年、自分なりには大きな手応えをつかんでいます。

 二軍のことを球界ではファームと呼びます。ファームとは英語で農場という意味です。我々二軍の指導者は畑を耕し、種をまき、水を与え、芽を出させ、苗とするまでが仕事です。あとは一軍という田んぼで苗を植え、花を咲かせなければいけません。今年、マスコミが言うところの“掛布チルドレン”として、甲子園という田んぼに植えられた苗が伊藤隼太で、植える場所がなく、捨てられてしまった苗が森田一成です。

 伊藤隼は7月1日に昇格すると、一軍の戦力としてシーズン最後まで生き残りました。52試合に出場して打率2割9分4厘、2本塁打の成績でした。彼は慶應大学で主将を務め、11年のドラフト1位で阪神に入団した、いわゆる野球エリート。自分自身を厳しく追い込んでトレーニングできるタイプです。打撃技術に関してはスイングの際に首が折れる悪癖がありましたが、数多くバットを振り込み、肩、腰、膝を平行に回す軸回転のスイングを身につけ始めました。

 ただ、私は、今のままでは伊藤隼はレギュラーを獲れないと考えています。目の前の壁となっている福留に勝つためには、守備力の差を埋める必要がありますが、どこか諦めてしまっているような面が見受けられるのです。定位置を奪うには、もっと貪欲にならないといけないのです。

 ここからは自分自身の力で育たないとダメなのですが、もう一皮、剥けてほしいものです。ひょっとすると、野球エリートとしてのプライドが邪魔をしているのかもしれません。泥だらけになっているけど、何かきれいに感じる。彼には本当の泥んこになれと言いたいのです。もっと自分をさらけ出して、バカになって、野球に取り組んでほしいと思っています。

 一方の森田はどうか。私は彼のことを昨秋のキャンプで「小バース」と命名し、マスコミにも取り上げられました。注目を集めることで練習にやりがいを持たせる狙いもありましたが、実際にその長打力は二軍でもずば抜けていました。ただ、彼は残念なことに一塁しか守れないという欠点がありました。一軍の一塁にはゴメスという主砲が存在しており、今オフにはかつて4番を務めた新井貴浩でさえ守備位置がダブるため、出場機会を求めてチームを去りました。森田という育った苗を植える場所がなかったのです。

 残念ながら戦力外通告を受けましたが、まだ本人は花咲くことを諦めていません。11月9日に行われた12球団合同トライアウトのシート打撃で、バックスクリーンへの一発を含む5打数3安打1四球と実力をアピールしました。彼は確かに隼太と違って、自分を追い込むことが苦手なタイプでした。性格的に甘い面もありましたが、今回、厳しい現実を突きつけられたはずです。拾ってくれる球団があれば、大きく化ける可能性が高いと見ています。

阪神Vのための「後継者」育成哲学を書いた掛布DCの著書「『新・ミスタータイガース』の作り方」(徳間書店・1300円+税)が絶賛発売中。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鷲見玲奈アナ、テレ東退社秒読みで過激化する「生脚&爆胸見せ大サービス」!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
R-1ぐらんぷりで大惨敗も「あの女芸人」が「ブレイク間近」と囁かれるワケ
4
水着の奥が見えそう!菜々緒の肌見せ動画に「チラっと見え」疑惑が浮上
5
「サンジャポ」卒業、西川史子“激痩せ”も指摘されたキャラ作りの苦悩