スポーツ

5000勝超のレジェンド騎手・山口勲はランキング4位で地元ファンは…/日本全国「旅打ち」行脚~佐賀競馬(下)

 公営競技87場のうち、79場目。地方競馬15場の最後は佐賀競馬だ。公営競技完全制覇まであと8場のカウントダウンである。出かけたのは10月28日、第13回、4日目だった。

 競馬場は向こう正面の先が山で、森が大きな壁のようだった。馬場は山を切り崩し、平らにならして造られたという。佐賀競馬の基本はナイター開催。照明が灯されると、その山が迫ってくるようだった。

 馬場は1周1100メートル、4コーナーからゴールまでは200メートル。馬場の砂はこの夏に入れ替えたばかりで、走りやすいのが外のコースなのか、内ラチ沿いをあけるレースが目立った。

 専門紙「馬物語」と「通信社PRO」に載っている予想記者の的中ランキング、それから参考になるのが、リーディングのジョッキーとトレーナーのデータである。この時点のジョッキー1位は飛田(ひだ)愛斗、2位が山田義貴、3位・石川慎将。飛田と山田はまだ21歳、19歳とフレッシュなジョッキーだ。佐賀を代表するジョッキーといえば、5000勝を超えるレジェンド・山口勲だが、ランキングは4位だった。場内で地元ファンに何気なく聞いてみると、

「昔は山口を買っておけば、よかよかだったけん」

 どうやら若手の台頭が著しいようだ。この日、飛田は2勝を記録した。ジョッキーの顕著な傾向というほどではない気がして、予想記者ランキング、ジョッキーのランキング、それから馬の成績とにらめっこしながら、地方競馬最後の勝負! 四苦八苦のテイである。

 初的中は7R。C2、1400メートル、フルゲートの12頭立てだ。この日の距離は1400メートルが7レースあった。中心は飛田騎乗、記者の的中ランキングトップの福島(通信社A)が◎を売っている④メイショウカンギク。1着④固定で2着3着①スパイツァック、⑤メイトゥリアーク、⑪アピールデザインのボックスを選択した。④の2着と3着も少々。

 レースは①④が逃げ、ゴールでは④が交わし、3着には中段から一気に追い込んだ⑪が入った。その3着は鼻差のきわどい決着で、確定が出るまではハラハラものだった。1番、3番、5番人気の3連単④①⑪3400円。もう少し高配当が欲しかった。

 8Rは外枠5頭と読み切ることができたが、好配当を狙ってドボン。9Rも④⑤⑨⑩4頭の争いと読み切ったが、④⑤⑩のボックス馬券に絞ったところ、⑤⑨⑩決着で、3連単は1万2420円。またド、ドボン。

 10Rの霜降特選は1750メートルの11頭立てだ。福島Aが◎の⑧リヨンに賭ける。2着3着は①②③⑨⑩⑪の6頭ボックスで。⑨⑪が逃げて、⑧と⑩が追い込んできて、3連単⑧⑨⑩3690円。馬券は取ったが、ちょい浮きの残念賞だった。

 地方競馬めぐりの区切りの馬券になった11RはA2、KYUSHU DREAM賞、1700メートルの10頭立て。飛田騎乗で福島(通信社A)が◎と被った⑥シクラグランデと、①ビクトルテソーロ、⑧アルマトップエンドが1着のフォーメーションで広めに。だが、2着で買った④ピーチリキュールが1着に入線して、3連単④⑧⑥1万1680円。ドボン、である。結局、15場の最後は2安打で終了となった。

 1980年代後半、山口瞳は全国の地方競馬を旅打ちした著書「草競馬流浪記」を書いた。当時の地方競馬場は28場(JRA函館を含む)だった。それが今は15場になった。笠松競馬のように昔ながらの競馬場もあれば、盛岡競馬のように、真新しく立派に感じる競馬場もある。しかし、ゴールに向かってダートのコースをドタッ、ドタッと走る競走馬の躍動感は、どこの競馬場も変わらない。遠くにやってきたなという感慨とともに、孤独に競馬を楽しむ喜びに浸る時間の、なんと充実していたことか。

 鳥栖はルーツがフランスという、みつせ鶏が有名だ。鳥栖駅前には飲食店が点在している。その中のみつせ鶏を食べることができる店で、柔らかい唐揚げを肴に日本酒をグビグビッとやって、夜は暮れた。

 翌日は電車で移動して、唐津ボート(ボートレースからつ)へ。全国制覇の80場目である。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…