芸能

【将棋・盤外秘話】タモリの暴言が生んだ藤井聡太八冠の竜王戦「小樽対局」

 AI将棋は急速な進化を遂げている。挑戦者の伊藤匠七段がカド番で迎えた第36期竜王戦7番勝負の第4局は、初日の11月10日午前から目が離せない展開となった。前回の長考続きの対局とは対照的に、目まぐるしく駒が動く。

 対局とともに注目されるのが、藤井聡太八冠の立ち寄り先だ。対局が開かれている北海道小樽市は、北海道で初めて石炭輸送のための鉄道が敷かれた「北の鉄道のまち」。特に小樽市総合博物館には50両もの鉄道車両が保存展示されており、アメリカから取り寄せた明治42(1909)年に機関車製造会社H.K.ポーター社で製造されたテンダー式蒸気機関車のアイアンホース号は、製造から100年経った今も現役で展示運行されている(現在は運行休止中)。

 実はこの小樽市総合博物館の鉄道展示が充実したのも、藤井八冠の「テツ友」であり、年の離れた親友タモリの「暴言」がきっかけだった。

 それは2015年11月のNHK「ブラタモリ 小樽編」でのこと。番組冒頭で「小樽に来たことがない」というタモリに対し、案内役で同博物館の石川直章館長は、昭和59年7月発行の「’84小樽博 爆笑、タモリ登場! どっと5万人」という見出しのついた地元メディアの記事パネルを紹介。

 石川館長によると、タモリは5万人を前に「博覧会のくせに、な~んにもないところ」と言って小樽博の特設ステージを降りたという。

 タモリは「全然覚えていない。それぐらい印象にないんだよ、この町は」「記念すべき回になりますね。バツ悪いよ、記憶から消えてるんだもんな」と苦笑したが、このタモリの暴言がきっかけで、小樽市は廃墟と化していた明治時代の建築物を、観光の目玉として再生。1980年代には悪臭漂うゴミが浮いていた倉庫外のドブ川は、40年の時空を超えて小樽運河へと生まれ変わった。11月9日の竜王戦第4局の事前取材で、藤井八冠は雪虫の舞う幻想的な運河に佇んでいた。

 タモリが暴言を吐かなければ、藤井八冠が小樽を訪れることなどなかっただろう。新千歳空港から会場までは残念ながら、車での移動となった藤井八冠。対局後は博物館でテツ分を補給できるだろうか。

(那須優子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…