社会

クマに続いてイノシシも出た!専門家が警告「オスの長い牙で太腿の動脈をやられたらまず助からない」

 日本全国でヒグマやツキノワグマによる人身被害が多発しているが、ここで忘れてならないのが、クマと同じく目撃情報や人身被害が急増している、イノシシの脅威である。

 環境省が公表している統計データによれば、2022年度に発生したイノシシによる人身被害は、過去最多となる81件(うち死者1人)を記録。2023年度も今年9月末時点での人身被害は、21件(暫定値)に上る。とりわけ被害が多発する12月から2月にかけての厳重警戒期間を迎え、悲惨な人身被害の劇的な増加が懸念されているのだ。

 中でも憂慮されるのが、市街地や住宅街での被害だ。11月1日には鹿児島市内の通学路で、登校中の男子児童が体長約1メートルのイノシシに襲われて大ケガを負う「事件」が発生している。イノシシの生態に詳しい動物学者が指摘する。

「イノシシが狂暴化するのは、オスの場合は12月から2月にかけての発情期、メスは出産後の4月から6月にかけての時期です。中でも発情期のオスは殺気立っており、人間側が驚かせたり威嚇したりせずとも、目を合わせただけで襲ってくることがある。強い獣臭を放ちながら毛を逆立たせているオスは、特に危険です」

 イノシシは非常に敏捷で力も強く、いわゆる「猪突猛進」するだけではなく、素早く方向転換することもできる。上下左右に1本ずつ、合計4本の牙(犬歯)があり、下側にある長い牙はナイフのように鋭く研ぎ澄まされている。

「興奮したイノシシは、噛みついたり牙を突き立てたりして、人間を襲います。中でも恐ろしいのが、オスが持つ下側の牙で、メスよりもずっと長いこの牙で太腿の動脈をやられると、出血性ショックに陥って、まず助かりません。ただ、木登りは下手ですから、万が一の場合は近くの木や壁などによじ登って逃げるといいでしょう」(前出・動物学者)

 ちなみに、イノシシはクマのように「冬眠」することはない。その意味では人間にとって、クマ以上に厄介な野生動物と言えるかもしれないのだ。

(石森巌)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス