社会

やったらアカン!大阪・関西万博「絶望工事現場」のア然実態(2)「地中からメタンガスが」

「地元大阪で建築関係の方からお話を伺っていますが、特に下請けの中小企業からは『万博の仕事は受けたらアカン』という声が上がっています。いちばん大きな要因は工期の問題。パビリオンの建設が大幅に遅れている中、その後の外装、内装、電気工事となると、さらに着工がずれ込んでタイトなスケジュールを強いられる。ただでさえ建設業界は人手不足で、24年4月には時間外労働の上限規制が適用されます。新国立競技場で20代の現場監督が過労自殺し、新名神高速道路の延伸工事では橋桁が落下し、10人の死傷者を出しました。工期短縮のしわ寄せがいくのは下請けの作業員。これは命に関わる問題なのです」

 こんなありさまでは、大阪万博のテーマ「いのち輝く」がブラックジョークに聞こえてくるではないか。

 地下では新たな交通インフラとなる地下鉄の延伸工事が進められているが、

「地下鉄の掘削工事では、含水率49%というドロドロの堆積土砂を掘り起こしていくことで、せっかく地中に埋まっていたPCBや六価クロム、ダイオキシンといった有害物質が、粉塵となって地上に飛散することになります。現場の作業員がその粉塵を吸い込めば、甚大な健康被害をもたらしかねません」(西谷氏)

 予定通り、夢洲駅が24年内に開業しても問題は山積だ。清水氏によれば、

「(地下鉄が)開通したら工具を持って地下鉄で通うように」

 と言われた作業員もいるという。

「夢洲の現場では地中に埋めたパイプからメタンガスが噴出しているという話も聞きますし、労働環境は劣悪と言わざるを得ません。しかし、働く側の目線に立てば、うめきたエリアの再開発にマンションの建設ラッシュなど、働く場はいくらでもあります。わざわざ不便な夢洲に通ってまで働く理由がないのです」(清水氏)

 西谷氏もこう心配する。

「24年4月以降の時間外労働の上限規制を取っ払おうとする動きも問題ですが、そもそも夢洲には、作業員が寝泊まりできる飯場がない。これから本格的な工事が始まれば、夢舞大橋も夢咲トンネルも、資材を運ぶ工事車両で連日の大渋滞ですよ。そんなところに通わなければいけない作業員が気の毒でなりません」

 カネ不足に加えてヒト離れも深刻だ。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え