スポーツ

「森保一監督の相棒」と「闘将」サッカー元日本代表が憧れたレジェンドとは

 サッカー日本代表の「オフトジャパン」においてキャプテンを務め、「闘将」と呼ばれた柱谷哲二氏と、森保一監督とボランチを組んでいた「相棒」吉田光範氏が、憧れの選手について前園真聖氏のYouTubeチャンネルで語っていた。

 吉田氏が小学生の頃から憧れていた選手はオランダのヨハン・クライフ。現役時代は同国の全員攻撃、全員守備の「トータルフットボール」において世界のサッカーをリード。そんなクライフについて、

「監督になってからはバルセロナで、トータルフットボールのパスサッカーを表現した。プレーヤーとしても監督としてもすごい」

 と吉田氏。一方の柱谷氏は旧西ドイツのゲルト・ミューラーとフランツ・ベッケンバウアーを挙げ、ベッケンバウアーがつけた背番号5番にこだわったこともあったという。

 また日本人選手でれば、吉田氏は木村和司とラモス瑠偉だと明かした。

「(木村氏は)昔はFWだったけどドリブルは下手で、動き出しのタイミングと背後を取るタイミングでファーストタッチでゴールを決めるタイプ。日本のパサーといえる木村和司さんと、自分を活かしてくれるんじゃないかというラモスさんとプレーしたかった」

 実際に横山謙三監督のもとで木村氏とプレー。心地よかったという。加えてラモス氏については、

「ドーハの韓国戦でマンツーマンになって、日本のラモスさんと韓国のゲームメーカーが90分マッチアップした。ラモスさんがバランスを取りながら動くというのが心地よかった。根拠のある動きをしてくる。ピッチを俯瞰的に見て自分がどう動くか教わった」

 さらに柱谷氏は、ガンバ大阪のエムボマと対峙した時が忘れられないといい、

「絶対に無理だと思ったのはエムボマ。デカくて速くてどうしようもない。日本人じゃ止められないとショックを受けた。ジーコもすごいと思ったが、ジーコはフィジカル勝負じゃない。頭を使ってプレーするが、エムボマはフィジカル」

 と当時の衝撃の大きさを語った。

 往年の名選手の名前が次々と飛び出した柱谷氏と吉田氏のトーク。サッカーファンには興味深い話といえるだろう。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し