スポーツ

思惑が渦巻くサッカー「移籍の裏側」元日本代表が受けたクラブの卑劣な策略

 クラブの思惑と代理人の腹の中、そして巨額のマネーが渦を巻き、混沌としたサッカーの移籍。そこには元日本代表ですら予想できなかったとんでもない裏側があるという。オランダのフィテッセでプレーした安田理大氏が、橋本英郎氏のYouTubeチャンネルに出演し、自身が受けたひどい仕打ちを明らかにした。

 安田氏は11年にフィテッセに移籍。安田氏の活躍もあってチームは躍進し、翌年はヨーロッパリーグの出場権を獲得した。2年目も多くの試合に出場しいいプレーをしたことで、いくつかのチームから獲得のオファーがあったという。

 日本人選手が多く在籍しているドイツのブンデスリーガを希望し、あるチームのオファーを受けることに。オフで日本に帰ってきていたがすぐにドイツに飛び、仮契約書にサインをして、監督やコーチと面談。ユニフォームを持った写真も撮影し、翌日に発表されるはずだったが、

「よかったドイツ行けると思っていたら、その日の夜にフィテッセの関係者から電話がかかってきて、夜の7時に新しい監督が決まってその監督がお前に残ってほしいと言っているので、残念だけどドイツ移籍のことはなかったことにしてくれと言われた。監督が決まるのが12時間遅れていたらドイツのチームにいけていたのに」

 とまさかの結末を迎えたと明かした。

 監督に望まれてチームに残ったとあって、試合に出られたのはよかったと安田氏。ところがこの後、チームの策略にはめられてしまう。

 8月末の移籍できる期間が終わる直前に監督に呼ばれ、「夏の移籍の件もあってチームに対して不満抱えているのではないか。疲れているようだし1回日本に帰って、1週間休んでリフレッシュしてきてくれ」と言われたため、安田氏は疲れていないし不満もなかったが仕方なくそれに従ったという。しかし休暇を終えてオランダに帰国すると、ポジションがなくなっていた。

 なぜチームはこのようなことをしたのか。安田氏は、

「自分は選手としては右サイドも左もできる使い勝手のいい選手。チームとしては残したいが、スタメンで必ず使うというほどではない。出ていかれないように休暇を出したのではないか。休んで帰ってきたら移籍期間は終わっていたから何もできない。チームにうまいことやられたなと思った」

 と明かした。安田氏はこの3年目、リーグ戦に出場したのは7試合で、シーズン終了後にチームを退団した。

 今は日本の選手と代理人も知恵をつけ、このような策略にハマることはない。安田氏の経験が活きているからだ。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談